ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

リニューアルオープンで新レイアウトになったセブンイレブンに行ってみた

f:id:HINOmao:20171027104907p:plain

2017年10月27日、とあるセブンイレブンがリニューアルオープンしました。

 

場所は西武バスの車庫のすぐ近くにあるセブンイレブンさいたま三橋五丁目店というところ。


 

今回さっそく朝7時から買い物をしてきました。

 

<<広告>>

 

ここが変わったレイアウト

入口から一番遠いところにお弁当売場

リニューアル後の店内はこんな感じになっていました。 

f:id:HINOmao:20171027103202p:plain

なんと、入口からみて一番奥、どう見ても歩かせる気まんまんだろと言わんばかりの場所におにぎり、お弁当売場がありました。

 

一瞬どこにお弁当売り場があるのか探してしまいましたからね。

 

 

おにぎりと飲み物を買ってレジに並ぼうと床を見るとレジ待ちの列は反対の壁際にあるペットボトル売場の方に作る矢印の向き。

 

一方で新レイアウトでオープンしたセブンイレブンさいたま指扇東店の場合は島ゴンドラの中で並ぶ矢印の向きになってました。

 

 

人が集まらない方向をいろいろと考えた結果この向きにしたんでしょうが、そんなセブンイレブンさん、スーパーをならったはいいですが、お店の中を無駄に歩かせるレイアウトにしなくても・・・

 

イートインは設置せず、雑誌売場は窓際

報道発表された新レイアウトにはイートインも設置されることが書かれていましたが、長居する客が現れるといった防犯上問題になるためかイートインは設置されませんでした。

 

 

そして雑誌売場も売り場の中ほどに設置される計画から一転して窓際のまま。

 

恐らく直営のモデル店舗で売り場の中ほどに設置したら立ち読み客による通行の妨げになってしまっただけでなく、特殊なゴンドラを使っているために通路が狭くなってしまう、雑貨やお菓子の取り扱える品数が減ってしまうという問題が発生してしまったんでしょうね。

 

ダイナミック入店よけの金属アームを駐車場に配置

新しいコンビニでよく見かける駐車場に生えている金属のアーム。

 

実はあれ、ダイナミック入店(車がお店に突っ込む事故)よけのために配置されたものです。

 

あの事故が起きると数日間営業できなくなるだけでなく商品や陳列棚がぐちゃぐちゃなことになって売り物にならなくなるというとんでもない損失になりますからね。

 

ということでこのお店も例外なく金属のアームがにょきにょき生えていました。

 

旧レイアウトから新レイアウトへのリニューアル

コンビニはオーナーのフランチャイズ契約更新とともに設備を最新のものにするためにリニューアルするんですが、今回の場合は旧レイアウトから新レイアウトへのリニューアルだったためかなり工事がおおがかりなことになっていました。

 

f:id:HINOmao:20171120060559j:plain

入口の上にある看板がないと何の建物なんだかさっぱり分かりませんがセブンイレブンです。

 

工事の様子を時々見ていたんですが、窓際も大胆に全てくり抜いています。

 

入口のドアも取っ払ってしまい、何もないお店の中にも重機が入ってます。

 

 

ただ、もともとの構造もあってかオープン後のお店を見るとドアの場所を変えた意味があまり見いだせないといういびつなことになってましたが。

 

 

それでも工事の期間は3週間ほど。途中ずーっと降る長雨や台風もありましたがよく工事を期間内に終了させることができたなと感心してます。

 

 

何も知らない店員から見たらびっくりするでしょうね、売り場やレジの配置が以前とまるっきり違いますから。

 

 

あと、最近のセブンイレブンは外装にレンガがプリントされた壁紙を貼り付けているだけという非常にコストを抑えた仕様になってます。

 

この店舗の場合、リニューアル工事を行う前からすでにこの仕様だったんですが、いつのまに張り替えたんでしょうかね。

 

スラーピーが販売されていたレア店舗

実はこのお店、幻のドリンク「スラーピー」が販売されていたことがありました。

 

 

スラーピーというのは市販のドリンクをシャーベットにしたもので、日本国内ですと一部のセブンイレブンで限定発売されている商品。

 

以前レジ脇に他のお店にはないものすごく大きい機械があってなんだろうと思いながらも興味がわかずにスルーしていたんですが、それがスラーピーを提供する機械だったんですね。

 

 

海外のセブンイレブンでは大人気で、来日した観光客がスラーピーがないことに驚愕をしたとかしなかったとか。

 

それくらい海外では知名度が抜群のドリンクです。

 

 

このお店はいつ販売が終了したのかは覚えていませんが、セブンカフェのコーヒー導入がはじまった前後くらいに機械ごと姿を消してしまいました。

 

さいごに

それにしても新レイアウト、いまだ慣れていないからかほしい品物を探すのに時間がかかってしまいます。

 

特に雑貨とかお菓子のように真ん中のゴンドラに並んでいる品物。

 

直感でピンと売場の場所が連想できないんですよね。スーパーのように何が並んでいるのかを天井に吊るしてアピールをしてはいるんですが。

 

 

セブンイレブンでは新レイアウトにしたら客単価や売上が増加したといっていますが、本当に客足や売上は増加するのか??

 

7月にオープンしたセブンイレブンさいたま指扇東店の場合は立地条件が悪いのかどの時間帯に行っても空いているという事態になってましたが、この店舗は私も立ち寄ることが多いのでその二の舞にならないことを願っています。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

新レイアウトについて書いた記事はこちら

www.summertime-24.info