ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

カシオが新カメラブランド『G'Z EYE』のGZE-1を発売するぞ!

2017年10月27日、カシオが新しいカメラブランド『G'Z EYE』を立ち上げ、最初の機種となる「GZE-1」を発売します。

 

f:id:HINOmao:20171020053149j:plain

カシオは昔からコンデジで戦うメーカーですので他社のように画質はそこまで追求していません。

 

 

変わって今力を入れているのは「自分がアウトドアや激しいスポーツをしている」というスマホや他のアウトドア向けカメラではまず撮れないシチュエーションでも撮影ができるという新しい価値観づくりだったりします。

 

 

そしてカシオといえばタフネスな腕時計、「G-SHOCK」が超有名なメーカー。

 

 

いままでもG-SHOCKのタフネスさを取り入れたカメラは何機種か出ていたんですが、まだ普通のカメラの域を大きく外せていなかった時代に登場したものなので中途半端だったんですよね。

 

改めて確認したんですが、最後にG-SHOCKデジカメが登場したの、もう7年前だったのか・・・

 

そのときの型番はEX-G1。

 

 

G'Z EYEブランドのカメラはレンズと液晶コントローラーを分離させて使うEX-FRシリーズを応用させたもので、これにG-SHOCKゆずりの超タフネス機構を取り入れています。

 

価格は44000円ほどとアウトドア向けカメラなら標準的ですね。

 

デザイン 

f:id:HINOmao:20171020053918j:plain 

(カシオHPより)

外観はひと目見ただけでものすごく強さを感じさせるゴテゴテした男性的なデザイン。

 

 

そしてよそ見できないような状況でも手元を見ずに動画を記録するボタンが押せるよう触っただけでわかるものすごく目立つ大きなボタンを本体のてっぺんにドーンと配置。

 

その両端にこれまた使う頻度が高い電源ボタンとシャッターボタンが配置されています。

 

カメラがどんな状態になっているかはレンズの周辺で光っているランプの色で分かる仕組み。

 

<<広告>>

 

耐えられる環境

カシオ公式サイトによると以下の環境に耐えられると発表しています。

 

  • 4mからの落下
  • 水深50mの海
  • IP6X(細かい粉塵も入り込まない最高の防塵性能。汚れても水洗いOK)
  • -10℃の低温

ということで、かなり厳しい環境でも使えますね。

 

 

ウレタンやサビに強いステンレスを組み合わせてこの防塵防滴に対応しています。

 

 

特にマイクやスピーカーは直接水が入り込まないよう徹底的に防護されています。

 

f:id:HINOmao:20171020044129j:plain

(カシオHPより)

画像の断面図を見ただけではなんのこっちゃですが、波の衝撃を和らげられるようスピーカーの前面に櫛歯部品のカバーを配置してガードしてます。

 

これが防波ブロックの役割を果たしてくれるわけですね。

 

 

気になるのは録音された音声なんですが・・・この機種は映像がメインだと割り切ったほうがいいかもしれませんね。

 

広角13mmの超ワイドレンズを搭載

このカメラ、EX-FR100の広角16mmよりもさらに広い広角13mmのワイドレンズが搭載されてます。

 

スペック的には兄弟機EX-FR200と同じレンズの感じがしますね。

 

EX-FR200は全天周レンズを搭載していて、カメラの周り185度の角度の範囲が一度に撮れます。

 

その代わり記録される画像は四隅がケラれた円形のグニャッとしたものになるんですけどね。

 

 

イメージセンサーの総画素数2114万画素に対し記録画素数が690万画素なのは、カメラ内部で歪みが少ない中央部だけを切り取って補正する処理をしているからではないかと推測します。

 

液晶コントローラーもオプション品

GZE-1はスキー、スノボといった冬の雪山、サーフィンやダイビングのような夏の海、あとはマウンテンバイクに乗って山登りといった過酷なスポーツでの使用がメイン。

 

ということで液晶コントローラーも付属品から除外するという思い切ったというか、割り切った構成になってます。

 

その代わりスマホアプリが配信されていますので、撮影した画像や動画はインストールしたスマホで確認するのがメインになりますね。

 

 

そのオプション品の液晶コントローラーですが、

f:id:HINOmao:20171020044530j:plain

(カシオHPより)

よく見るとEX-FR系のものからレンズを差し込む部品を取り除いただけで、同じもののような・・・

 

 

メーカー希望小売価格、2万円します。

 

バッテリーが交換できるぞ!

オプション品を見てみたんですが、その中にはなんと、交換バッテリーの姿もありました。

 

EX-FR系では本体内に埋め込まれていて、分解しないと取り出せなかったバッテリーがこの機種ではついに交換できるようになっているとは・・・

 

f:id:HINOmao:20171020050953j:plain

(カシオHPより)

バッテリー自体は「NP-150」という、中国で自拍神器と呼ばれているEX-TR系からの流用なんですけどね。

 

 

そして、フタをちゃんと閉じないと防水が不完全になってしまうので要注意。

 

オプションのジンバルが5万円

GZE-1にはオプションとしてジンバルも発売されるんですが、なんとメーカー希望小売価格が5万円します。

 

f:id:HINOmao:20171020052959j:plain

(カシオHPより)

電動モーター式で専用品ですから、値が張っちゃうんですよね・・・

 

 

もう一個本体買えるよ・・・

 

※ジンバルとは、センサーと内蔵のモーターにより持ち歩くカメラの姿勢を制御して安定させる道具。

カメラマンがせわしなく動くCMやプロモーション動画の撮影で多用されてます。

 

さいごに

今回、カシオならではのなかなかおもしろいカメラを出してきました。

 

カメラクラスタの私としては是非紹介したかった一台です。

 

 

アウトドアスポーツを趣味にしている人にとってはものすごく小さくてベルトやヘルメットと行ったいろんなところに装着できて、画面が見られなくてもその時その瞬間の記録が残せるカメラを探していたって人も多いのではないでしょうか。

 

ライバルはTHETAとか、Goproあたりのアウトドアに特化した機種あたりになりそうですね。

 

 

残念ながら私はインドア派なので全くこのカメラを使うことはなさそうなのが辛いところではあります。

 

 

そして後継機は今後登場するのか??

 

楽しみなカメラですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

casio.jp