ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

日本国内で10年以内に行ってみたい場所

今週のお題「行ってみたい場所」

 

今回はブログ作成の骨休めに、ひとまずはてなブログのこちらのお題に答えていきます。

 

 

私が行ってみたい場所、たくさんあります。

 

日本国外を問わず、行ってみたい場所はたくさんあるんですがそのなかでも私が日本国内でここ10年以内に行ってみたい場所を4つ選びました。

f:id:HINOmao:20171019100727p:plain

1.軍艦島(端島)

f:id:HINOmao:20171106193351j:plain

 いま私が一番行ってみたい場所はこちら、軍艦島こと端島です。

 

 

廃墟マニアにとっては聖地になっている場所の一つで世界遺産にもなっているこの島、日本最古のRC建築物である30号棟は見ておきたい廃墟のひとつですね。

 

 

そして、できることなら上陸したい!!

 

 

でもそれには天候という運が必要となる・・・

 

風がものすごく穏やかで霧が出ていない、天気がよくて比較的安定した気候のときじゃないとダメなんですよね。

 

 

で、軍艦島の上陸にはいくつかあるコンシェルジュのツアーに参加しないといけないんですが、どうも上陸できる可能性はだいたい7割前後くらい。

 

そのコンシェルジュのホームページにある過去の実績によると台風が来やすい夏場は低めで、冬場に高くなる傾向がありました。

 

 

あと、雨がっぱを着て記念写真をしている画像がチラホラありましたので、弱い雨で波が穏やかならそのまま上陸をするツアー会社もあるようです。

 

<<広告>>

 

2.犬吠埼

f:id:HINOmao:20171106193430j:plain

次に私が行ってみたい場所は千葉県の銚子市にあるここ犬吠埼という場所。

 

 

この場所は初日の出が日本一早く見られる場所として有名なところ。

 

とはいっても私が住んでいる埼玉県とはわずか5分しか違わないんですけどね。

 

 

周囲には温泉や旅館があったり、太平洋の新鮮な海の幸が味わえたり、銚子ポートタワーはアニメ「アマガミSS」にも実際に登場したりと話題には事欠かない場所です。

 

 

ただ、JRの特急列車の本数が少ない!!

 

千葉県は高速バスの路線が非常に多くて、本数も1時間に2本は確保されてますからね・・・

 

 

このへんは東京から近いという地の利もありますね。

 

3.平城宮跡

f:id:HINOmao:20171106193506j:plain

長い日本の歴史のロマンを感じられるのがここ平城宮跡。

 

 

なんてったって今から1300年以上昔、奈良時代に70年間都だった場所ですからね・・・

 

私が中学生の時に歴史の資料集で見た写真から発掘も進み、当時の様子が復元された場所も現れ平城宮跡自体もものすごく広くなりました。

 

 

そしてこの平城宮跡を貫いている近鉄の線路、将来的には地下にするという話もあるようですが・・・

 

4.大和西大寺駅

f:id:HINOmao:20171106193532j:plain

そんな平城宮跡のすぐ脇にある近鉄の駅がここ大和西大寺駅。

 

 

大阪や京都から奈良や伊勢に向かう線路がX状に交差していて、しかも車庫付き。

 

ということで電車の動きが多く線路は必然的にめちゃくちゃ複雑になるのは避けられず。

 

www.youtube.com

 

鉄道ファンがこの駅の様子を多数動画に残してくれています。

 

 

関東ではかつての京王調布駅も合流する電車同士が接近するなかなかみどころあふれる場所だったんですが、ダイヤのネックだった&交通渋滞対策のために地下化されました。

 

 

それにしても、1両の長さが21m4ドアの近鉄の電車と、19m3ドアの阪神の電車をよく直通させられたな・・・と思いますね。

 

これも関東じゃまず列車の規格をどのように統一させようかってところからはじめますからね。

 

 

そして私のなかで近鉄の名物は10両全部先頭車のブツ10(2両編成*5)だったりします。

 

これも10両固定だったり、あっても8両+2両や6両+4両の関東じゃまず見られない光景。

(東武でブツ6はありますが・・・)

 

さいごに

関西が多いのは、関東生まれ関東育ちの私にとってあまり縁がない場所だからですね。

 

 

じゃあ大阪はないのかって??

 

 

実は12月に10年前からの知人主催のちょっとしたイベントに行くことを決めてますのでそのついでにぶらっと回る時間を作る予定です。

 

 

これもいずれは記事にする予定にしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。