ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

iPhone8でお台場自由の女神と実物大ユニコーンガンダムを撮影!

f:id:HINOmao:20171009211317p:plain

E-M10mk2で夜の実物大ユニコーンガンダムを撮影したのと同じ日、iPhone8でもお台場の自由の女神とユニコーンガンダムを撮影をしてきました!

 

 

そこで、画質も軽くレビューすることにします。

 

やっぱり気になるのは最新のiPhone8の写りですよね。

 

私がこの記事を書いている時点でレビューを掲載しているサイトはほとんどありませんでしたので、いち早く実写画像をお届けします。 

 

 

噂ではソニー製1/2.9型1200万画素でも新しいイメージセンサーを搭載したといわれているんですが、iPhone8のカメラの実力とやらを見せていただきましょうか。 

 

 

撮影した時の時系列としてはiPhone8で自由の女神→E-M10mk2でユニコーンガンダム→iPhone8でユニコーンガンダムの順になってます。

 

自由の女神

まず撮影したのはお台場自由の女神。

 

カメラの設定はAdobe Lightroom Photoshopというアプリを使用してアスペクト比を16:9、ISO感度を32、ホワイトバランスを曇りにしたほかはすべてオート。

f:id:HINOmao:20171009191938j:plain 

ということでおなじみのアングルから1枚。

 

 

さすがに等倍でみるとノイズを上から塗りつぶしてシャープネスをガンガンかけたGoogleマップの3Dのような油絵画質というスマホカメラならではの写り。

 

でもこれをブログに載せるサイズに縮小するとその画像処理の痕が目立たなくなり10万円前後するミラーレス一眼と特に差がなく感じますね。

 

 

PCを持っていないとなかなか見る機会がない1200万画素の等倍の一部なんですが、実はこんな感じ。

 

奥の木の葉っぱは塗りつぶされてモコモコっとしてますし、マンションのベランダもカリっとこんがり揚がってます。

 

 

でもこれはスマホならどんな機種でもこんな画質なんですよね。

 

もともとのイメージセンサーが小さいから。

f:id:HINOmao:20171009192512p:plain

f:id:HINOmao:20171009192805p:plain

それでも空のグラデーションはしっかりと出ていますし、ダイナミックレンジの狭さに起因する変に潰れたり白飛びしたりしているところがない、豆粒みたいなユニットから出てくる画とは思えないほどの十分過ぎる画質です。

 

 

どんなふうにソフトウェアで画像処理させてるんでしょうね。

 

f:id:HINOmao:20171009194339j:plain

そして広角28mmの広さのおかげで、アスペクト比16:9で自由の女神とレインボーブリッジを一度に構図に入れても十分過ぎる余白が残ってくれています。

 

実物大ユニコーンガンダム 

今回のお台場撮影のメインはこの実物大ユニコーンガンダム。

 

 

暗いためにE-M10mk2で撮影した時と同じくISO感度を200に上げたほかは自由の女神を撮影したときから変えていません。

 

E-M10mk2での撮影と加えると3周はガンダムの周りを回りました。

 

f:id:HINOmao:20171009200306j:plain

ご覧ください、闇夜に浮かぶユニコーンガンダムの姿を!

 

iPhone8でもここまで美しく撮れるんですよ!

 

これならスマホで十分という人が多いのもうなづけますね。

 

 

ガンダムの顔を正面から見られるベストポジションとされるのがこちらの場所。

 

この場所の人気度は非常に高く、夜の演出待ちの人は誰もその場から動こうとしてませんでした。

 

 

このときのiPhone8ですが、ガンダム自体が照明と自らの発光で明るくなっている上、レンズもf1.8と非常に明るいのでISO200でもシャッタースピードが1/170まで速くなってます。

 

これならISO感度を100に下げたとしてもシャッタースピードは1/80程度ですから、まだ手ブレの心配はなさそうですね。

 

 

むしろiPhone8にも光学手ブレ補正が搭載されたのでもっと感度を下げてもいいかもしれません。

 

とはいってもこちらは5軸手ブレ補正ではないのであんな強力な補正はできませんけどね。

 

 

それにしてもISO200でもそこらで投げ売りされている安いコンデジより少ないノイズ量を実現させているiPhoneの画像処理の本気っぷりさは見事ですね。

 

3万円前後のカメラなんて目じゃない、ライバルは5万円前後の高級コンデジになったといってもいいでしょう。

 

 

なんてったってiPhone8シリーズはDxOmarkというカメラの画質を評価するサイトで90点以上の高得点を出している機種ですからね。

 

iPhone6s、iPhone7、iPhone8と世代が進むごとに評価も10ポイントずつ上げてきています。

 

なのでスマホカメラの中でも画質が極めていいっていうことがわかります。

 

 

そして今のところiPhoneがスマホのカメラでライバルにしてるのはやっぱり……自社でイメージセンサー作れるサムスンじゃないかと考えてます。

 

サムスンも同じサイトで最新端末は94ポイントなんて叩き出していますからね。

 

そりゃコンデジも売れないわけだ…

 

 

ということで今後当ブログではカメラを使った撮影の楽しさも伝えていきます。 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。