ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

E-M10mk2で夜の実物大ユニコーンガンダムを撮影してきたよ

f:id:HINOmao:20171009075930p:plain

2017年9月24日、ダイバーシティ東京で実物大のユニコーンガンダムが一般公開されました。

 

先月工事中の様子を一度撮影しに行ったアイツです。

 

www.summertime-24.info

ガンダムが一般公開されてから一度も行けてなかったんですが、つい先日ようやく時間が作れましたので早速撮影をしに行ってきました。

 

 

大変申し訳無いんですが、ユニコーンガンダムのストーリーはあいにく存じ上げないのでそちらに関しましては詳しい方のブログやHPをご覧いただければ幸いです。

 

当記事ではお台場で撮影した時のことを書きます。

 

ユニコーンガンダムを撮ってみた

ダイバーシティ東京に着いたのは夕方の5時過ぎ。

 

テレポートブリッジやシンボルプロムナードでは大道芸が行われ道行くたくさん人を楽しませていました。

 

その光景を横目に歩くと見えてきましたよ、ユニコーンガンダムが!!

 

f:id:HINOmao:20171009072312j:plain

ジャーン!!

 

ようやく工事の足場や囲いもない、足下まで完全に見られるガンダムを撮影できるときが来ました!!

 

まずはメインカメラE-M10mk2で撮影します。

 

 

他の人の邪魔にならないような場所から3歩ほど歩いて1枚、また3歩ほど歩いて1枚ってのを繰り返していろんな向きから撮影。

 

f:id:HINOmao:20171009072943j:plain

そして工事中ではまず撮れなかった真下からのカットも。

 

これも同じように3歩歩いて1枚撮影を繰り返し。

 

f:id:HINOmao:20171009073244j:plain

そしてメカメカしさ全開の後ろ側。

 

ガンダムが好きな方なら絶対に正面だけでなく横や後ろからも撮るべきです!

 

 

途中募金をお願いする人が現れたんですが、日本語が分からないふりをしてしのぎました。

 

5軸手ブレ補正の信頼性

f:id:HINOmao:20171009073514j:plain

今回夜のライトアップされたユニコーンガンダムを撮影してわかったんですが、オリンパスの5軸手ブレ補正の利きの確かさが証明されました。

 

 

E-M10mk2はOM-Dシリーズのエントリー機ということもあって上位機種よりも手ブレ補正が弱いんですが、それでも4段分の補正を行ってくれます。

 

 

あとはいつもよりも1段分絞りを開放側(F4.0)に設定し、セルフタイマーを使ってカメラの構え方さえ気をつければ基準感度のISO200でシャッタースピードが1/2秒という環境でも手ブレがない写真を撮ることができました。

 

あとはユニコーンガンダム自体が明るくライトアップされているので、シャッタースピードを遅くしなくても撮れるという嬉しいことになっていたっていうのもあるんですけどね。

 

 

エントリー機でこれなんだから、5段分の手ブレ補正機能が搭載されている上位機種のE-M5mk2やE-M1mk2なんて使った日にはさらにシャッタースピードが遅くても大丈夫そうですね。

 

ユニコーンガンダムを囲む人、人、人・・・

さすがこの日は三連休の真ん中。

 

しかもすぐ近くでオクトーバーフェスもやっているもんだからお台場に人が集まらないわけがなかった・・・

 

 

ユニコーンガンダムの周りには当然ながらたくさんの人の囲みができていました。

f:id:HINOmao:20171009074827j:plain

 

みんなスマホやデジカメを使って記念写真を撮る中、三脚を立てて大きい一眼レフを据え付けて何かを待っている人も。

 

 

彼らは一体何を撮ろうとしているのか?? 

 

 

もちろんショー演出です。

 

しかも、動画で。

 

 

一眼レフはビデオカメラでは撮れない大きいイメージセンサーならではの背景をぼかした動画が撮れるんで、実は動画用途で買う人もいたりするんですよね。

 

 

正面から見られるベストポジションには椅子も用意してずーっと待っているであろう人の姿もありました。

 

ユニコーンガンダムの夜のショー演出は3パターンある

ショー演出はすでにタイムスケジュールが公式サイトに掲載されています。

 

www.unicorn-gundam-statue.jp

よく見ると・・・夜のショー演出が3パターンもある!!

 

f:id:HINOmao:20171009075103p:plain

f:id:HINOmao:20171009075245p:plain

しかも20:30の「翔べ!ガンダム2017」なんて見逃すと次の日まで見られない、1日1回しか見られない非常にレアな演出。

 

 

ということで確実に全て見たければ場所取りをしたあと3時間以上その場で待機しないといけないのはほぼ確定です。

 

そりゃ立ちっぱなしなわけにもいきませんね・・・

 

 

そして昼のショー演出も4回あるんですが、そのうちの1回は冬になると真っ暗になる時間帯(夕方5時)に行われることも判明。

 

10月ですとまだ夕方5時では薄暗い程度なんですが、これからどんどん日が暮れるのが早くなるので年末あたりはもっと早く3時4時くらいには待機する人も現れ始めるんでしょうね。

 

 

私の手持ちの機材ですとiPhone8でなら4Kの60fpsで動画が撮れるんですが、今回は三脚を持っていかなかったので写真を十分撮り終えたところで早々と引き上げてしまいました。

 

 

動画を撮るなら人が減る平日、しかも観光客も一番減る火曜か水曜あたりにするのが一番なんでしょうが、さすがに私もこの日にピンポイントで行くことは・・・難しいですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

撮影に使用した機材