ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

カシオのデジカメTRシリーズはその後どうなった?

f:id:HINOmao:20171008072231p:plain

 

カシオのアウトドアカメラEX-FR100が発売される何年か前、だいたい2011年あたりに割と先進的なカメラが同じくカシオから発売されました。

 

覚えている方はいるでしょうか、EX-TR100という機種です。

 

arch.casio.jp

 

広角21mmの単焦点レンズに1000万画素のCMOS、そして何よりも自由自在にレンズと液晶モニターの部分が動かせる、昔のガラケーでいう二軸回転スタイルのようなものを採用していたんですね。

 

f:id:HINOmao:20171008063325j:plain

カシオのサイトからそのまま引っ張ってきてしまったんですが、周囲のフレームと一体となった液晶モニター部分はレンズ部分を中心に360度回転できるというおもしろいスタイルを取ってました。

 

 

当時家電量販店で3万円前後で売られていて、ちょっと気にはなっていたものの購入することはありませんでした。

 

 

このカメラ、1年ほど販売された後ひっそりと姿を消してしまいその後どうなっているのか非常に気になっていたんですが、調べてみたところ驚くべきことが分かりました。

 

日本では全く売れなかったTR100

日本ではこのカメラは全く売れませんでした。

 

 

2011年といったら、まだスマホが登場するちょっと前。

 

みんなガラケーをポチポチ触っていた時代、自撮りなんて文化も存在しませんでした。

 

 

あと、日本人は保守的ということもあってか、昔ながらのコンパクトで型にはまったスタイルじゃないカメラが全く受け入れられなかったというのもありましたね。

 

自撮り文化が流行り始めるのはスマホのシェアが増え始めた2012年以降のことです。

 

 

じゃあインスタにみんな自撮りをたくさん投稿されている2017年の今もう一回このシリーズの現行機種を出したとしても・・・やっぱり売れないでしょうね。

 

 

日本の自撮り文化とこのカメラの用途が微妙にマッチしないのがその理由。

 

今の自撮り画像を見るとみんなスマホのアプリを使って欧米のように目を加工して大きくするのに夢中なんですが、このカメラではどうやっても目を大きく見せることはできないですからね。

 

どうも広角を使って脚を長く見せるよりも、目の小ささがみんな気になるようで。

 

 

今でこそ液晶とレンズが完全分離できるEX-FR100が発売されてはいるものの、こちらも使っている人を見たことがないです。

f:id:HINOmao:20170620194720j:plain

この機種も自撮りに適していると思うんですけどね。

 

でも中国香港では爆発的大ヒット

日本では売れずに苦戦している頃、中国香港ではこのEX-TR100は爆発的大ヒットとなりました。

 

きっかけは2011年の8月。

 

とある中国のモデルさんがこのカメラを使った自撮り写真をSNSに投稿すると、その自撮りの美しさが話題となり若い女性の間で飛ぶように売れたんだとか。

 

その後は自撮りで美しく撮れる機能を追加した後継機が毎年いくつか作られ、日本円で10万円という小型の一眼レフ並みの高価格になっても売れるという現象が発生。

 

 

中国人や台湾人、フィリピン人もそうなんですが、アジアの若い人って写真で自分の顔を出したがる人が多いんですよね。

 

とくに女性で顕著。

 

この辺は開放的な人が多いっていうお国柄の違いもあるんでしょうが、土日の午後、お台場の自由の女神の前でセルカ棒を持って自撮りしている人、みんな中国人です。

 

一人だろうが二人だろうが三人だろうが自撮り自撮り自撮りって感じでみんな自撮り写真をたくさん撮ってます。

 

 

なんとこのカメラには「自拍神器」というニックネームまでついていると言うんですから、驚きですね。

 

 

でもやっぱりこのカメラもスマホに押されているんだろうなー・・・とひしひしと感じます。

 

だってセルカ棒の先っちょにあるの、みんなスマホですから。

 

2017年のTRシリーズの新商品

2017年10月にカシオが中国や香港で出したTRシリーズの新商品、見た目が面白くてびっくりしますよ。

 

f:id:HINOmao:20171008070158j:plain

化粧ポーチかよ!!

 

そう、見た目が化粧ポーチのようなカメラが誕生しました。

 

 

TRシリーズの派生機種として発売し、TR-M11という名前がついています。

 

www.casio-intl.com

本当に化粧ポーチのように開ける構造になっていて、上側にある真ん中の黒い部分がレンズ。

 

その周りに8箇所のLEDライトが取り囲んでます。

 

 

下側には液晶モニターが配置され、180度開けることで液晶を見ながら自分が撮れるという仕組み。

 

そのモニターの下にも1箇所LEDライトがありますね。

 

カラバリは5色。

 

ピンクなんてひみつのア○コちゃんになった気分に浸れそうです。

 

 

これ、日本でも売れっ子モデルが使ったら売れそうなんですが、やっぱり発売することはないんだろうなーと思いつつ記事を書き終えることにします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。