ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

聖剣伝説2 ぜひ寄り道してほしいちょっとした小ネタ集4選

聖剣伝説2の記事も4記事目になりました。

 

 

聖剣伝説2も他のRPGのように定番の寄り道要素もちょぴっとだけ含まれているんですね。

 

今回はそんなぜひ寄り道してほしいちょっとした小ネタを4つ集めてみました。

 

灯台

世界のどこかにあるものすごく小さな島。

 

この島には灯台があって、頂上までのぼると海を守るハゲた老人(名前もピカールとそのまんま)から貴重な話が聞けます。

 

その内容は、ストーリー後半で訪れることになる超巨大サンゴ礁の正体の話。

 

 

その頂上にある神殿はサンゴ礁の地下に眠る大神殿を浮上させるためのスイッチになっているとかいないとか・・・

 

 

それはそうと、灯台のBGMを聴くことになるのは序盤のイベント以来ですね。

 

亀の甲羅島

 

ワールドマップのどこかにあるというものすごく小さな島・・・

 

フラミーで上空から見ると亀の甲羅みたいな形をしているので亀の甲羅島と呼ばれてます。

 

 

この島にはなんと、古くから伝わる「アメフラシのシッポ」というアイテムが入手できます。

 

 

そのアイテムを水がなくて悩んでいるどこかの街で使うと・・・

 

あっという間に枯れた池に水が戻り、街の人々は大喜び!!

 

しかもBGMも今まで暗い雰囲気だったものから一転して、楽しい雰囲気の曲に入れ替わります。

 

そしてさらに・・・モーグリベルトまでもらえてしまいます!

 

しかも入手する時にここでしか聞けない専用SEが鳴るというおまけつき。

 

 

全く関係ない話ですが、「カッカラ王国」って、国と言っておいてお城がないのはなんでなんでしょうね。

 

ゴブリン村

 

これはちょっとしたストーリーの分岐。

 

しかも訪れるのはこのイベントの時だけで、地図にも載っていないという場所です。

 

 

通常プレイであればプリムが仲間になるのは妖魔の森でウェアウルフを倒した後なんですが、実は水の神殿に最初に訪れた時に準備をしていた討伐隊に話しかけることでプリムが仲間になるタイミングが早まるというものです。

 

そのプリムも、その後の目的地であるガイアのへそに行くと会話の選択次第で別れてしまうんですけどね。

 

 

ここにも、ちょっとした小ネタが付いてます。

 

確か当時のゲーム雑誌か裏技本に、プリムを2人にする方法というのがあったんですが、長いこと聖剣伝説2に触れていなかったんでそのやり方を忘れてしまいました。

 

 

ということでネットの海を散策したところありました!!

 

 

jp.wazap.com

ふむふむ、よく読むと・・・

 

水の神殿にいる討伐隊に3人以上話す

水の神殿入口のジェマと会話後、神殿の中に入らずに大砲屋でガイアのへそに行く

(水の神殿のイベントをこなすとゴブリン村フラグ立っちゃう)

妖魔の森でウェアウルフ2匹倒し、プリムを仲間にする

水の神殿のイベントをこなす

ゴブリンに襲われる

 

するとここで仲間にしているプリムと助けたプリムの2人が画面上に現れるという珍事に!!

 

 

一番大変なのはウェアウルフ2匹を倒すことですね。

 

彼ら、動きがすばしっこい上攻撃力が高いので事前に戦ってレベルを上げとかないとすぐ死んでしまいますからね。

 

 

ランディ1人で挑まないといけないのでただでさえ1匹ですら苦戦するウェアウルフを2匹も相手にするのは大変です。

 

 

あと、このゴブリン村を自由に歩き回れる方法ってのもあったんですが、こちらはインターネットでも見つかりませんでした。

 

マンテン山の寺院

 

マンテン山にあるマンダーラという村。

 

実はこの村には北側に大きな寺院があって、ストーリーとは全く関係ないもののエピローグでちょっとだけ語られていたかつての戦争のあった時代の記録がクリスタルオーブとしていくつか残されてます。

 

 

ただし調べると爆発したり壊れていたりするものが多く、記録が見られるのは一部だけ。

 

しかもクイズ番組だったり恋愛ドラマの一部分だったりとまともな記録はほとんど残ってません。

 

わかった情報の数々

 

マナの要塞の正式名称が「空中要塞ギガント」っていうこと。

 

それにしても、なんで昔はテレビがあって中継も行われていたんでしょうね。

 

そして、当時から文明が大幅に退化してる理由は一体何なんでしょうね。

 

 

「モモヨ」なるアイドル?らしき女性にお熱の男性がいること。

 

「モモエ」なら80年代の伝説の女優、山口百恵が出てくるんですが・・・

 

フィクションの世界でよくあるもじりでしょうか。

 

 

帝国に対し、ロリマー王国がミサイル攻撃を仕掛けたこと。

 

ここで出て来る帝国がゲーム内の帝国と同じかどうかは分からないんですが、中世ヨーロッパのように歴史上いくつかの帝国が生まれては消えていったんでしょうね。

 

(ビザンツ帝国、ローマ帝国、日本でも大日本帝国のように)

 

ここで「ロリマー王国」や「首都ウェンデル」なんて名前も出てきましたが、王国の名前は前作の「聖剣伝説 FF外伝」ですでに登場していて、首都の名前は聖剣伝説3にも流用されていますね。

 

 

さいごに

 

スクウェアのゲームらしく、聖剣伝説2もあちらこちらにスタッフが仕掛けた小ネタが見られます。

 

これもリメイク作ではどのように変わるのか、そのまま残るのか、新ネタが登場するのか、ごっそり削られるのか、興味が尽きないですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

なんと聖剣伝説2記事がシリーズになりました!

www.summertime-24.info

www.summertime-24.info

www.summertime-24.info

www.summertime-24.info