ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

E-M10mk2のバッテリー、「BLS-50」を追加購入

9月の上旬のことですが、愛用しているカメラE-M10mk2のバッテリー「BLS-50」を1個追加しました。

 

f:id:HINOmao:20170922182222p:plain 

購入の決め手

購入の決め手、それは今年7月に花火を撮影したときに、バッテリーが真っ先に無くなったのがカメラだったからです。

 

www.summertime-24.info

この記事の花火を撮影したときですね。

 

 

この時、花火はカメラとタブレットをwifiで接続させてリモート撮影を行う形で行っていたんですが、バッテリー1個じゃ40分くらいしかもたず最後まで撮る前に撮影終了を余儀なくされてしまったんですね。

 

なのでラストの大盛り上がりが撮れず。

 

 

 私の予想ではそれなりにタブレットもバッテリーを消耗するかと考えていたんですが、なんとタブレットは撮影を通して10%くらいしか消耗しておらずかなりの余裕を残してました。

 

タブレットも撮影開始の時点で45%くらいの表示だったのでバッテリーがなくなることも想定していたんですけどね。

 

どんだけ電池を食うんだカメラのwifi通信は・・・

 

 

常時wifi接続させて撮影する機会なんて今後も少ないと踏んでますが、バッテリーをかなり消耗する冬の寒い夜に撮影をする予定もあるため、どのみち1個ではこころもとないという判断によりバッテリーを追加することに決めました。

 

 

既に注文しており、受け取りもすませています。

f:id:HINOmao:20170922180734p:plain

BLS-50、量販店の通販サイトを見ると6,000円前後で販売されているんですが、amazonをのぞいてみた所なんと4,127円で売られてました。

 

 

価格が安いときは偽物の可能性も疑うんですが、到着したものは本物でした。

(昔キャノンのSX230HSを使っていた時、追加で買ったバッテリーが偽物だったことがあったので)

 

ただ、外装箱はなく、バッテリー本体だけがビニールのプチプチに入った状態で梱包されてました。

f:id:HINOmao:20170922180400j:plain

ということで並べてみます。

 

右側が今回購入した追加バッテリーなんですが、なんと製造日が古いです。

 

カメラに付属していたバッテリーも製造日から1年経っているであろうシロモノだったんですが、それよりも古いですね。

 

 

一度充電してつい先日のお台場での一連の撮影に使用しましたが、新品?とあってか電池の持ちは極めて良好、100枚前後撮影してもバッテリーの目盛りは4つから3つになっただけでした。

 

 

※E-M10mk2の場合、350枚撮影可能

 

BLS-50について

ここでバッテリー「BLS-50」についても紹介します。

 

オリンパスのバッテリーの中では比較的多くの機種で採用されていて、現行機E-M10mk3やE-PL8、さらにはE-PL7、E-PL6といったPENシリーズでも使われてます。

 

対応機種

E-M10、E-M10mk2、E-M10mk3

E-PM1、E-PM2

E-P1、E-P2、E-P3

E-PL1、E-PL1s、E-PL2、E-PL3、E-PL5、E-PL6、E-PL7、E-PL8

 

 

500回充電できることをウリにしていて、電池の容量は1210mAh。

 

さいごに

ミラーレス一眼の弱点、それはバッテリーの持ちが一眼レフに比べると少しよろしくないということですね。

 

 

ボディが一眼レフと比較すると小さいですので、バッテリーも大きくできない、なので容量も大きくできないってことですからね。

 

それに加えてカメラ機構の違いからファインダーも電子式、下位機種になるとファインダーも省略されて消費電力の多い液晶モニターを常時つけっぱなしにしないといけません。

 

そりゃ・・・バッテリーの持ちも不利になりますよね。

 

 

BLS-50も当然のことながら互換品があって一番安くて860円と1/5くらいの値段なんですが、それなりに性能は落ちますし、品質にもばらつきがあるものもあります。

 

 

例えば、充電回数100回位でバッテリーの持ちが著しく悪くなったり、100枚位くらい撮ったところですぐにバッテリー切れになったり・・・

 

購入する方はその性能差も許容した上で購入しているんでしょうが、私は性能低下と品質のばらつきを嫌って純正品にこだわってます。

 

 

今のところは長い時間電源がない環境に行く(山とか森林とか草原)ことはないので、2つあれば十分でしょう。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。