ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

9/22発売、iPhone8 64GBの総額と同じ値段で個人的に使ってみたい新品カメラ3選

9月15日16:01、新型のiPhone8の予約が始まりました。

 

 

iPhone6の分割払いを終えたばかりの私は早速予約したんですが、この時にドコモオンラインショップで端末の価格を見てみました。

 

 

端末の価格ですが、なんと88,776円!!

f:id:HINOmao:20170915170718p:plain

iPhoneは基本的に他社のAndroid端末と比べると端末の価格は数万円高いですからね。

 

私のiPhone6は24回払いで月に3,946円でした。

 

総額94,704円・・・

 

 

そして、私が使っているカメラ、E-M10mk2のボディは新品で62,000円ほど。

 

 

なのでカメラのほうが安いじゃん!ということに軽く驚愕してます。

 

 

9万円近い値段なら、エントリークラスの一眼レフが買えるよ!!ということに気づき、今回このランクで個人的に使ってみたい機材を記事にしてまとめてみることにしました。

 

※税込で新品での価格です!

 

ペンタックス K-70 18-135WRキット

f:id:HINOmao:20170915174339j:plain

www.ricoh-imaging.co.jp

価格 86,000円

このところのペンタックスの一眼レフといえば、エントリークラスの機材でも上位の機材と同じくらいの性能を搭載してきています。

 

K-70はその伝統を受け継ぎ2420万画素、ローパスの有無を選択でき、ボディに手ブレ補正を搭載。

ISO感度は102400まで対応と暗い場所でも明るく撮れる、そして水濡れや砂埃にも強いとアウトドアの仕様を売りにしてます。

 

他社ではおそらくこの価格帯では絶賛省略する性能ですね。

 

 

惜しむらくはペンタックス純正の追加レンズが少ないというところ。

 

キットレンズの18-135WRは換算27mmの広角から換算200mmの望遠まで一台でカバーできるので、軽いスナップ撮影程度なら他のレンズを買う必要がないっちゃないですけどね。

 

なので作品撮りで単焦点あたりを一本追加する場合はサードパーティー製のレンズを選ぶことになるでしょう。

 

 

私が一眼レフを使うんだったらキャノン、ニコンは外してこちらを真っ先に選びますね。

 

パナソニック GX7mark2

f:id:HINOmao:20170915181929j:plain 

panasonic.jp

価格 62,000円

パナソニックのミラーレス一眼では中級者向けの機材ですね。

 

 

なんと、レンズキットで62000円とiPhone8の2/3の値段で買えます。

 

ボディ単体ですとなんと5万円を切りました。

 

パナソニックは値崩れが激しくて、この機材も発売当初はレンズキットが10万したんですよ・・・

 

 

パナソニックのミラーレス一眼ではローパスフィルターが省略された最初の機材で、解像力の強化を売りにしてました。

 

ローパスフィルターは撮影時に実際には存在しない偽色や模様を軽減するためにイメージセンサーの前に搭載されるんですが、反面フィルターを一旦通すので解像力が少し落ちます。

 

最近はこのローパスの役割を画像処理でソフト的に行うようになったので解像力を売りにローパスフィルターをハナっから省略している機種も増えてきていますね。

 

エントリーのGF9ですらローパスフィルターレスですから。

 

 

もう売ってしまったんですが、付属の12-32mmパンケーキズームレンズはキットのくせに上々の写りを見せてくれます。

 

そして付属レンズもオリンパス製のレンズを合わせるとラインナップが充実してます。

 

パナライカ単焦点は1本くらいは持っておきたいですね。

 

あと、もうちょっと望遠単焦点が増えてほしいっちゃ増えてほしいんですけどね。

 

買えませんが。

 

 

私がオリンパスからパナソニックに戻るとしたらこの機種を使いたいですね。

 

EOS M10 ダブルズームキット

f:id:HINOmao:20170915183018j:plain

 

cweb.canon.jp

価格 53,000円

 

キャノンのミラーレス一眼初めてのエントリー向け機材。

 

なんと、操作ボタンの大半をなくし、殆どの操作をタッチパネルで行うというコンデジライクな操作性になりました。

 

 

こんな見た目でもマイクロフォーサーズよりも大きいサイズ、APS-Cのイメージセンサーを持っているんですから・・・

 

 

ちょっとキャノンのミラーレス機を一度使ってみたいというのがありますね。

 

初代EOS MなんてAFがもっさりと散々な言われようだったんでしたから。

 

たしかにEOS M10を試しに店頭で使ってピントを合わせてみたんですが、合うまでの時間はコンデジのPowershot SX280HSよりも遅いように感じましたね。

 

 

そして交換レンズは非常に少ないので、このキットレンズ1本で勝負してみたいです。

 

 

特に古いEOS Mシリーズは一回持ってみたいんですよね。

 

本当に評判通り、イマイチな性能なのか否か、使ってみて確かめたいというのもあります。

 

今ならブログで記事にもできますしね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

ご紹介した機材