ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

OLYMPUS M.ZUIKO DIGITAL 17mm/F2.8レンズを中古購入

つい先週のことですが、新しくレンズを購入しました!

 

 

オリンパスのM.ZUIKO DIGITAL 17mm F2.8というレンズです!

 

f:id:HINOmao:20170909184400j:plain

これで私が持っているレンズは単焦点ばかり3つ目です。

 

 

このレンズ、発売されたのはなんと2009年!

 

オリンパスが最初に出したマイクロフォーサーズ一眼「E-P1」のキットレンズになっていたという歴史の長いレンズです。

 

当時の価格は何と4万円超え!!

 

 

でも、一度値下げされ、さらに販売期間も8年とものすごく長いこともあってか直近の販売価格は新品では2万円前後とものすごいこなれてます。

 

 

私はこのレンズを中古で11980円で購入しました。

 

導入の目的

今回このレンズを導入した目的、それはお台場の風景、夜景を撮影することです。

 

お台場の夜景を何回か撮影して来た中で感じたのは、換算28mmだと広すぎて、逆に換算50mmだとちょっと狭く感じてしまうことでした。

  

f:id:HINOmao:20170912070227j:plain

換算50mmだとこんな感じの写り。

 

 

それは私が撮影で常用しているアスペクト比が16:9っていうのもあるんでしょうが、その中間ならばちょうどいいのではないか?と考えるようになりました。

 

 

実際は換算28mmと50mmの間を埋めてくれるレンズを探した所いろいろ候補がありまして、

 

 

シグマから出ている19mmっていうレンズも検討しました。

www.sigma-global.com 

換算すると38mmで、F2.8の明るさ。

 

価格は最安で15000円台とすごくお安いですね。

 

ただ、サイズが大きいので見送りました。

 

 

 

そしてパナソニックからは20mm、換算すると40mmのF1.7という名パンケーキレンズが出てるんですが、これは現行のII型は新品が32000円とちょーっと予算的に手が出せない!!

 

panasonic.jp

ならばI型の中古は…19800円、ちょっと頑張れば手に入りますが今回は見送りました。

 

 

そんな中前々から目をつけていた17mmのF2.8、これなら何かに使えるんじゃないかと思いたち、キタムラでポチッとしたわけです。

 

届いた

届いたレンズはレンズキャップとリアキャップ以外の付属品一切なし、取説も外装箱も一切なし。

 

前ユーザーはキットレンズだけを売ったんでしょうね。

 

 

さっそく汚れを拭き落として私のE-M10mk2につけてみました!

f:id:HINOmao:20170909184424j:plain

さすがにパンケーキレンズとあってか、ものすごいコンパクトですね。

 

試し撮り

購入してすぐ、9/10の日曜日にお台場で試し撮りをしてきました!!

 

f:id:HINOmao:20170911210114j:plain

f:id:HINOmao:20170911211059j:plain

場所はいつもの自由の女神。

 

私の中では撮影の定番スポットにしてます。

 

 

写りはとても中古で11800円だったとは思えないほど素直に表現してくれていますね。

 

 

そして自由の女神と背景の空のバランスも狭すぎず広すぎずベリーグッド。

 

 

ただちょっとピントが甘ちゃんな気も・・・

 

絞りをF5.6にしてAFを自由の女神に合わせたんですが、どう見ても上の画像のピントは奥の高層マンションに合ってますね。

 

下の画像はどこにピントが合っているのやら。

 

 

他の画像を見直してみたんですが、私のピントの合わせ方に問題があるのか、等倍に拡大するとやはり自由の女神ではなくもっと奥にピントがあっているように見えます。

 

あ、このレンズ、ピント合わせはレンズが全群前後する作りになっています。

 

なのでピントが合うまでの時間はほんの少し長め。

 

 

というより、手持ちのパナソニックの25mm F1.7のピント合わせが爆速すぎてこれでも遅く感じてしまう体になってしまってます。

 

f:id:HINOmao:20170911205332j:plain

そして、さすがに換算34mmでも自由の女神とレインボーブリッジは一度に写せなかったですね。

 

このアングルだけはもっと広い範囲が写せる広角レンズじゃないと撮れませんでした。

 

 

34mmなら自由の女神のたいまつの先端かレインボーブリッジの橋脚の下半分、このどちらかを諦めるしかないです。

 

 

私は画像のようにレインボーブリッジをぶったぎりました。

 

 

レンズ交換しようにもこの遊歩道、観光客が記念撮影する定番スポットとあってものすごく人通りがあって難しいです。

 

f:id:HINOmao:20170911205357j:plain

理想はこんな感じでレインボーブリッジと自由の女神が一度で撮れて、空間にも余裕が有ることです。

 

この画は昔使っていた富士フィルムのXQ2という機種で撮ったんですが、広角25mmだからこそできたこと。

 

私が持っている28mmでもこれより一回り狭くなります。

 

生産終了のお知らせ

olympus-imaging.jp

なんとこちらのレンズ、8月で生産が終了、そして在庫分で販売も終了というお知らせがありました。

 

 

オリンパスからは17mmでF1.8っていう上級レンズがあるんですが、これ新品で5万円するんですね。

 

なのでこの新品で2万しかしない安レンズがラインナップから消えてしまうのは残念ですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

撮影に使用した機材