ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

今まで買って使ってよかったカメラ6台

aremo-koremo.hatenablog.com

アレモコレモさんのブログの上の記事に触発されて私も今まで買って使ってきたカメラについてを書いてみたいと思います。

 

 

とはいっても、10台の感想を書こうとしたらほとんどすべての機材になってしまうことが判明しましたので、6台に減らします。

 

あと、良かった部分だけでなく、悪かった部分も書いていきます。

 

カシオ計算機 EX-Z1000

カシオ デジタルカメラ オフィシャルWEBサイト | 製品情報 | EX-Z1000

 

2006年5月に購入した人生初のコンデジ。新品価格は38500円しました。

 

コンデジで1000万画素のCCDを搭載した世界初の機種なんだとか。

 

外装がステンレスで無塗装のボディはやっぱり高級感がありますね。

 

 

ただ、写りはというと当時のシャープ製CCDはISO100の段階でノイズが乗ってしまうんですよね。

 

この機種は当時のライバル富士のFinePix F31fdと共にISO3200までの高感度に対応していますが、こちらの機材はISO3200では9画素混合で非常に荒々しい画像が生成されました。

 

しかも当時は広角があまり重要視されていなかった時代、この機種も換算38mmスタートだったりします。

 

ISO50で晴天の屋外でしか使えなかった機材ですが、気に入っており普段ずっとカバンに入れっぱなしでした。

 

キャノン IXY 31S

新製品レビュー:キヤノン「IXY 31S」 - デジカメ Watch Watch

 

2011年9月購入、新品価格は16000円でした。

 

カシオEX-Z1000を使っていた5年の間に技術は進み、いつの間にかイメージセンサーが裏面照射CMOSに変化していました。

 

あと、広角が換算24mmスタートと今までよりも3回りくらい広い範囲を撮れるようになってましたね。

 

あと、画像の大きさの割に、ファイルサイズがえらく少なくなっていることに驚愕したり。

 

 

絞り優先AEとシャッタースピード優先AEが搭載されていたのですが、夜景撮影に投入してみたところこれがなんと使いづらいことが判明。

 

マニュアル露出機能が搭載されている機材が欲しいと思うようになったきっかけにもなりました。

 

タッチパネルでピントを合わせたいところをタッチするとそこにピントを合わせてくれる機能は重宝したんですけどね。

 

キャノン SX220HS/SX230HS/SX280HS

新製品レビュー:キヤノンPowerShot SX230 HS - デジカメ Watch Watch

 

この辺の機材は中古での導入となりました。

 

今やキャノンの売れ筋シリーズとなっているPowerShotの高倍率コンパクト機、この先駆けとなった機材です。

 

 

SX220HSは海外で発売されていた機材で、SX230HSからGPS機能が省略されています。

 

ヤフオクで4000円で出品されていた上、応札もなかったのでそのまま落札しました。

 

恐らく日本人のほとんどどの人は海外向け仕様の機材があることをご存じないのでしょう。

 

キャノンのホームページでも海外での型番が載ってるんですけどね。

 

 

SX280HSは黒のみの一色展開でしたが、DIGIC6初搭載機ということもあり値段がこなれた頃に買いました。

 

先に記事にしましたアスペクト比16:9の魅力に取りつかれたシリーズであり、もちろんマニュアル露出機能も搭載。

 

 

1年くらいはこの機種を売ったり買ったりしてましたね。

 

富士フィルム XQ2

XQ2 | プレミアムコンパクトカメラ | FUJIFILM X

 

2015年5月に購入。新品価格は44000円ほどでした。

 

 

今まで使っていたのは1/2.3型のイメージセンサーの機材だらけだったのですが、この機材ではとうとう2/3型と若干大きいセンサーの機材に思い切って機種変更しました。

 

ローパスフィルターレス機らしく写りはコンデジとしては最高レベル、ただ、イメージセンサーにホコリが乗りやすく、1年の間に2度サービスセンターに修理直行したことがあります。

 

そして、背面に並んでるボタンが非常に小さい上押しにくいったらありゃしない、見た目だけ整えてボタンの大きさを犠牲にするのはやめてくれ・・・

 

この機材はあまり売れなかったのかどうなのか分かりませんが、XF1から始まった小さいXシリーズはとうとう富士のラインナップから姿を消してしまいました。

 

パナソニック DMC-GF7

DMC-GF7|デジタルカメラ LUMIX(ルミックス)|Panasonic

 

2016年2月に購入した初の一眼がこちら。

 

ダブルレンズキットのみの展開で、新品価格は58104円。海外じゃ外観一緒でマイナーチェンジしたGF8が出ていたようです。

 

最もエントリー機でありながら、写りは上位機のGX7にも負けていないはず(同じパナソニック製センサーと画像処理エンジン使ってますからね)。

 

 

ただ、購入当初から電子水準器がズレてました。

 

これは半年後にアキバの修理工房へ持ち込み修理にだしましたが、どうも修理後もなお、なんとなく違和感がありましたね。

 

 

望遠に強いコンデジを使っていたせいか最初は望遠に力を入れていましたが、この機種を使ったことで、いつの間にか一転して広角の撮影に興味をもつようになっていました。

 

キャノン SX710HS

キヤノン:PowerShot SX710 HS|概要

 

2015年12月に購入。

 

これは写真というより、お台場レインボー花火を動画で撮るためだけに買いました。

 

すぐに不要と判断して売ってしまったものの、静止画の実力もなかなか高かったので買い直したいところです。

 

 

あのサイズで光学30倍ズームですから、3万円ちょいの値段は安いもんです。

 

 

ほしいカメラは見つかりましたか??

 

最後までお読みいただきありがとうございます。