ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

さいたま新都心の夜景と航空障害灯

 私が夜景見る&撮るのにハマったきっかけは、光景が美しいこともさることながら、ビルの屋上で点滅するたくさんの航空障害灯なんですね。

 

 

 

航空障害灯とは?

航空障害灯とは、上空を飛ぶ飛行機に背の高い何かがあることを視認させるために高さ60m以上の建築物や鉄塔に設置することが義務付けられているものです。

 

赤い光を放つものだけでなく、近年は東京スカイツリーに設置されているような、白い光を放つものも出てきています。

 

 

等間隔で点滅する赤い光、子供の時はなんとなく色が不気味に映ったものですが今となっては癒しのアイテムになっています。

 

静かな夜にどこか遠くの通りを走る車の音と赤い光の点滅、これだけで、街が生きていると実感できます。

 

 

東京都内の高層ビル群から放たれる赤い光の群れは夜景のみどころのひとつですが、

私が特に一番のお気に入りとしている場所はさいたま新都心です。

f:id:HINOmao:20170419070959j:plain

<Canon Powershot SX280HSで撮影>

 

こちらはさいたま新都心から北西に数キロのところにあるとある川沿いの空き地から望遠ズームで撮影しました。

 

やっぱりビルの高さが階段状になっているのがいいですね。

 

これがさいたま新都心の夜景の魅力に感じている部分です。

 

 

しかし、西側から見ただけでは味がない。ということで、

 

昨年の5月、Twitterで検索し、ツイートで紹介されていた芝川まで行ってきました。

 

f:id:HINOmao:20170419072330j:plain

<DMC-GF7+LUMIX G VARIO 14-42mm F3.5-5.6で撮影>

 

こちらは同じさいたま新都心を、東側に3kmほど離れた首都高さいたま見沼出入口付近の橋の上から撮影しました。

 

さすがに首都高と言えども、見沼まで来ると車はほとんど走っていません。

 

なお、この高速道路、さいたま新都心駅から東新井団地へ行く路線バスも通っています。

 

f:id:HINOmao:20170419073553j:plain

<DMC-GF7+LUMIX G VARIO 35-100mm F4.0-5.6で撮影>

 

ここはさいたま見沼出入口近くにある見沼田んぼの一角。

 

5月の終わり頃ということもあり、既に田植えも終わっています。

 

カエルの鳴き声も聞こえてきそうですね。

 

 

階段状になっているビル群の、一番左のビルには航空障害灯が設置されていませんが、

 

これはすぐ近くに高いビルがあるため、届出により免除されているようです。

 

f:id:HINOmao:20170419075041j:plain

<DMC-GF7+LUMIX G VARIO 35-100mm F4.0-5.6で撮影>

 

芝川の橋の上からも1枚。

 

やはり何度見ても飽きませんね。赤い光が点滅するのを見ながら物思いにふけるだけで

一晩過ごせそうです。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

撮影に使用した機材