ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

3/19 豊洲の富士見橋で夜景撮影

あれは今年の2月下旬のこと。

 

ある休みの日、Googleマップを何気なく見ていたら、豊洲市場付近に新しい道路が何本もかけられていたのを見つけました。


10年以上前に購入した「東京・首都圏未来地図」という本に豊洲付近の再開発が写真付きで掲載されていて、橋が3本架けられるのは知っていたのですがいつの間にか全部完成していたようですね。

 

 

このうち、海側にあるカーブした橋をストリートビューでチェックしてみたところ、眺めが良さそうだと判断しました。

 

 

ということで私は早速実際に現地に行ってみることにしました。

 

富士見橋

橋の名前を調べたところ富士見橋というみたいですね。

 

天気が良ければ、この橋から富士山が見えるんでしょう。

 

ちなみに富士見という名前は、その場所から富士山が見えるから名付けられることが多いです。

 

これは一つ豆知識です。

 

実際に富士見橋に行ってみた

3/19、日曜日。

 

ゆりかもめお台場海浜公園駅から所要時間約20分、大手宅急便会社やアパレル企業の巨大倉庫を左手に見つつ歩くとその橋にたどり着きました。

 

 

背後には無人でひっそりとした豊洲市場、そして、橋の下には海に面した公園が広がっています。

 

この時はまだ重機がいて工事中でしたが、完成した折には東京の新しい夜景鑑賞スポットとなるのでしょうね。

 

 

市場関係者や湾岸にデートしにきたカップル、今豊洲、有明に住んでいる、もしくはこれから住もうとお考えのファミリーにとっては憩いの場になるはずです。

 

車の量は少ないですが、意外なことに自転車でこの橋を通る人が多い印象を受けました。

 

豊洲から有明に行く一番の近道だと地元の人はみんな知っているんでしょうね。

 

贅沢にも自転車用のレーンまで設置されていました。

 

夜景撮影

待つこと1時間、暗くなってきたので夜景を撮ることにします。

 

 

撮影に使用した機材はパナソニックのミラーレスではエントリー機となるGF7、レンズは25mm/F1.7です。

 

f:id:HINOmao:20170414172302j:plain

f:id:HINOmao:20170414172437j:plain

f:id:HINOmao:20170414172603j:plain

レインボーブリッジや東京都心の高層ビル群がいい眺めですね。

 

ただ、やはり湾岸ですので海風が吹いてきて非常に寒くなります。冬場は厚着するとか、カイロを身につけるとか寒さ対策は必須となります。

 

 

青海に新しい客船ターミナルができると、晴海客船ターミナルは廃止、解体されることが決まっています。

 

現在の計画では、晴海客船ターミナルの跡地はタワーマンションに隣接した公園になることになっていますね。

 

私は完成直後のターミナルに父親と行ったことがあるので、その頃から知っている存在です。

 

 

試しに撮ってみたはいいものの、やっぱりマイクロフォーサーズに25mm(換算50mm)のレンズだと写る範囲が狭いな・・・と感じました。

 

 

もう一回広角レンズを使って撮り直す決意をして富士見橋をあとにしました。

 

撮影に使用した機材