ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

5/28 E-M10mark2で夕暮れのお台場を撮影

「E-M10mark2で夜のお台場を手持ち撮影」と同じ5/28は、夕暮れが非常に綺麗に見えました。

www.summertime-24.info

 

なので夜景撮影の前に夕暮れも写してきました。

 

 

お供のレンズはレンズフードを接着する改造を施したLUMIX G 14mm F2.5です。

 

いつものようにJPEGの撮って出しをトリミングなしで縮小しています。

 

f:id:HINOmao:20170529193207j:plain

私のお気に入りの撮影スポット、シンボルプロムナードの先端にある展望デッキから・・・

 

 

この場所もすっかり海外の観光客が増えましたね。

 

中国、韓国、台湾。、欧州、中南米、中東、東南アジア・・・いろんな国の方が集まっていました。

 

皆さん観光ツアーできたんでしょうか。

 

立派な一眼レフやミラーレス一眼を手にしていました。

 

 

日曜の夕方に居合わせた日本人はもはや私くらいなものでしょう。

 

ちなみに、日本人は下の公園でスマホ片手にポケモンGOをやってます。

 

ポケストップが2箇所もある上、レアポケモンが出やすい場所なんだそうな。

 

私流夕景の撮り方

さて、今回はカメラ初心者の方向けにちょっとした撮影技術も。

 

 

夕景を撮る場合に設定する場所は主に2つ。

 

まず、ホワイトバランスを「雲マーク(曇天)」に設定します。

 

マニュアルで色温度を手動にできる場合は赤みが強く出る色温度にしてしまいましょう。

 

E-M10mark2でもできるのですが行いませんでした。

 

そして、思い切りマイナスに露出させます。

 

この画像の場合は1段暗くしています。

 

これだけで、空の赤みがより一層強調されます。

 

ということは、実際の空はこんなに赤くなかったということですね。

 

 

おかげでISO200、絞りF5.6にも関わらずシャッタースピードが1/1250というとんでもない速さになっています。

 

このさい建物やレインボーブリッジは単なるシルエットにしちゃいましょう。

あと、もうちょっと空の割合を増やしたほうが良かったですね。

 

f:id:HINOmao:20170529194757j:plain

同じ場所から、太陽が雲に隠れる直前の品川を撮ってみました。

 

これもやはり1/1250という高速シャッターになっています。

 

他のブログでもシャッタースピードは同じくらいかもっと速い数値が出ていました。

 

 

そして、ちょうどいい場所に屋形船がいてくれました。

 

乗っていた人々は同じように太陽がビルに沈むところを撮っていたんでしょうね。

 

f:id:HINOmao:20170529192905j:plain

空を見上げる自由の女神像のシルエット。

 

私は勝手にこの画像を「決意」と名付けています。

 

本当は縦で撮った画もあるのですが、空の量のバランスを考え横で撮った方を掲載します。

 

これは今私のPCの壁紙にしております。

 

朝焼けも同じように露出を思い切りマイナスに設定すると同じように非常に幻想的な画が撮れます。

 

いい朝焼け、夕焼けが見られるか否か、こればかりは運ですね。

 

日頃いい行動をしているとこんなかんじでいい夕焼けが見られるかもしれません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

撮影に使用した機材