ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

5/4 E-M10mark2で初めての東京タワーダイアモンドヴェール撮影 中編

ゴールデンウィークのど真ん中の5/4、E-M10mark2を使用して初めて東京タワーのダイアモンドヴェールを撮影してきました。

 

今日のこの記事は下の記事の続編です。

 

www.summertime-24.info

とうふ屋うかいの前で写真を撮った私は、そこから坂を降り都道301号線を南下、さらに芝公園と増上寺を囲む通りを半時計周りに進んでいくルートを取ります。

 

f:id:HINOmao:20170507072320j:plain

さすがに芝公園の芝生広場は開けているだけあって色々なアングルで撮れますね。

 

ちょっと歩いて1枚、さらにちょっと歩いて1枚・・・といい構図で撮れるところだらけです。

 

今知ったのですが、下にある細長い建物、これ、管理事務所みたいですね。

 

f:id:HINOmao:20170507074433j:plain

次に回るのは芝公園と増上寺の間にある公園、名前は「プリンス芝公園」といい、プリンスパークタワー東京の敷地内にあります。

 

一般開放されていますので、私を含め撮影者が多くこの公園に訪れています。

 

この公園からの東京タワーもちょっと歩いて1枚を繰り返してます。

 

花壇と合わせてみたり、増上寺会館の建物と合わせてみたり色々な構図を楽しめます。

 

お気に入りは最奥にある花壇から撮る東京タワーです。

 

※どうもこの公園、三脚使用禁止という情報もあるようです。

 

f:id:HINOmao:20170507075647j:plain

最後に増上寺の境内、ここまでで通常ですと撮影は既に2時間以上経ってます。

 

夏場だと21時を回っているので、大体心のなかでは「しんどい」「もう帰りたい」「眠い」と思っていますね。

 

 

画像に写っている大殿と東京タワーを横の構図で撮ろうとすると絶対に広角28mmのアスペクト比16:9では撮れません。どちらかを切る必要が出てきてしまいます。

 

もっと広角が必要になりますね。

 

ということでようやく撮影が終わりました。

 

増上寺で毎回フィニッシュしているのは、最寄りの浜松町駅まで一番近いからなんですよね。

 

ここまで計算を盛り込んでおります。

 

さいごに

撮影中ずっと思っていたこと、それは、車道に出て撮ってる人が多いんじゃないかという点です。

 

特に増上寺と東京プリンスホテルの間にある小さい通りが顕著で、交通量が少ないのをいいことに車道に出て撮っている人を撮影に行く度に数組見かけます。

 

観光客はまだしも、立派な一眼レフと大型な三脚を持っている高齢のアマチュアカメラマンの方までいましたからね。

 

この通りは歩行者天国なのか?と思いきや、抜け道として知られているようで、数分に一回車が通りがかっています。

 

f:id:HINOmao:20170507080130j:plain

ちょうどこの場所がベストアングルなようですが、既に車道に人が出ているのが見えますね。

 

現在、色々な撮影地における撮影マナーの低下が叫ばれていますが、どうも撮り鉄だけの問題ではないようにも感じます。

 

(この通りは歩道も非常に狭いので、そこで幅取って三脚おっ立てるのもどうかという考えもありますけどね)

 

ここで私は交通マナーを守り、車道に出て撮らない事を宣言しておきます。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

撮影に使用した機種

※新海面処分場の片隅からのお引っ越し記事です。