ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

4/6 E-M10mk2で大宮公園の桜を撮影してきた

あれは4/6のこと。

 

 

購入したばかりのE-M10mark2と同時に中古購入したパナソニックの14mm/F2.5のテスト撮影を兼ねて、大宮公園で桜を撮影してきました。

 

 

大宮公園は大宮駅東口からずっと歩き、氷川参道を抜けた先。

 

埼玉県民なら桜の名所としてもはやおなじみの場所ですね。


 

ちょうど桜の見頃を迎えており、しかも新学期が始まる直前ということで平日だったにも関わらず多くの人が見物に来ていました。

f:id:HINOmao:20170412173013j:plain

今年も広場ではいつものように屋台が出ていますね。

 

気の置けない人同士集まって屋台で食べ物買って、持ち込んだビールを飲んで桜を見る、

なんて幸せなんでしょう。

 

私はまわりなんて何も見ずにただただ撮影に専念してしまいますが・・・

 

f:id:HINOmao:20170412173500j:plain

f:id:HINOmao:20170412174107j:plain

一方で、落ち着いた雰囲気で桜を見たい人に人気だったのが、奥にあるボート池。

 

私と同じように、一眼レフやミラーレス一眼を持ったカメラ趣味者が思い思いの写真を撮ってました。

 

これが快晴だったら青空が映えていることでしょう。

 

実は撮影日の翌日、天気は午後から快晴でしたが仕事で行けず。

 

f:id:HINOmao:20170412174234j:plain

マイクロフォーサーズでもF2.5まで絞りを開放して寄って撮ればここまでボケてくれます。

 

なお、使用しているレンズは最短撮影距離が18cmですので、もっと寄れるでしょう。

 

 

望遠レンズを使えば池の反対側にある桜でも圧縮効果を活かした画に仕上げられるのでしょうが、あいにく今は望遠レンズを所有していませんので、広角単焦点レンズ一本で勝負することにしました。

 

今までの液晶モニターのライブビューを使った撮影から電子ビューファインダーを覗いた撮影に移行したこともあって、予想以上に多くの枚数を撮ってました。

 

 

来年以降はもっと遠くの桜の名所も撮りに行きたいですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

使用した機材

※新海面処分場の片隅からのお引っ越し記事です。