ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

一眼レフこそ初心者向けのカメラだからどんどん使ったほうがいいよ

デジカメがなぜ売れなくなってきたか?いろいろ考えていると

 

ふとリツイートされてきたこちらのツイート。

 

 

 

デジカメが売れなくなった原因にはこういうイメージが一般の消費者の間で強くすり込まれてるんじゃないかなーというのをつくづく感じています。

 

このニュース映像自体も古くて、ミラーレスの技術が一眼レフに追いついてなかった時代のものなんですけどね。

 

 

ですが今回の記事では、そんなカメラについてのイメージをいきなりぶち壊します。

 

一般の人から見たカメラについてのイメージ

カメラに興味がない人から見たカメラについてのイメージはこんな感じ。

 

大きい一眼レフはそのカメラを使いこなし、しかも映像、写真についての知識も持っている人が使うもの。ドラクエでいうドラゴンキラーはぐれメタルのけん

 

一方でスマホのカメラやコンデジはカメラや写真に興味がない人がサッと使うもの。ドラクエでいうこんぼうどうのつるぎ

 

ミラーレスはその中間で、カメラに興味を持ち出した人が使うもの。ドラクエで言うはじゃのつるぎ

 

 

つまりは、一眼レフなんて難しすぎて初心者が手を出せそうにないものっていうイメージですね。

 

一眼レフはカメラ初心者が買うもの

いきなり断言しますが、カメラ初心者こそ最初に買うの一眼レフにしたほうがいいと考えています。

 

しかも、上位機種をパーっと1台。

 

 

なぜか?

 

 

写りをスマホのカメラと比べたとき、キレイさが10段階も20段階も上なこと。

 

しかも一眼レフは頭がいいのですぐにそのキレイさを味わえるオート機能も充実していること。

 

そして、自由度も高く、上達するごとに思い通りの画も撮れるようになること。

 

これが理由です。

 

まさにオールインワン!!

 

 

すごいですよ?今のカメラは。

 

オートモードでは「おっ、あんさん、こんな写真を撮りたいんやな?よっしゃ、おっちゃんに任せとき」って、撮影者が何を撮りたいかを写してる範囲から自動的に判断してくれるんですから。

 

しかもスマホのカメラでは判断できない、ものすごい細かいところまで。

 

そして写りが最適になるようにカメラが勝手に調節してくれます。

 

なので、撮影者は撮りたいものにカメラを向けたら、ただシャッターボタンを押すだけ。

 

 

メーカーがそこんところをあんまり宣伝してくれないので、カメラに興味がない人にとってはフイルム時代の一眼レフ=難しいってイメージがずーっと続いてしまってるってのが現状です。

 

でも本当は、一眼レフ=簡単になんでもキレイに撮れるカメラにすでに変わっています。

 

逆にミラーレス、コンデジ、スマホとランクが下がるほどにカメラを使いこなすのが難しくなってます。

 

 

レベルの低い勇者がはぐれメタルのけんをいきなり使ったっていいじゃないですか。

 

序盤でもザコ敵を1撃で倒せますし、強くなっていけば他の武器を使わずにラスボスすら倒せるんですよ?

 

カメラの知識は後からつければいい

よくカメラ雑誌や趣味者のブログの記事を見ると写真と一緒に「絞り」とか「シャッタースピード」とか「ISO感度」なんて項目がずらずら並んでますが、この項目を最初から知る必要はありません。

 

 

私もカメラを持ち始めてから11年経ちますが、いまだに感覚で撮ってるところがありますからね。

 

 

それよりもまずは「撮りたいものをカメラで撮る」行為を楽しむことを知ってほしいですね。

 

その「撮る楽しさ」をいち早く知れるのは、なんといっても一眼レフです。

 

 

ただ、カメラの頭脳だけでは限りがあります。

 

なので、自分が思い通りの画をもっと撮りたいと感じるようになったとき、さっきのずらずら並んでいる項目について学べばオッケーです。

 

むしろスマホでプロ並みのキレイな画を撮るほうが難しい

スマホのカメラでプロ並みのキレイな画を撮ろうとしても、非常に難しいです。

 

そもそもの土俵が違うっていうのもあるんですが、誰でも気軽に撮れるようになっている分、自分でできることがあまりにも少なすぎるんですね。

 

ある種の縛りプレイをしているような感覚さえあります。

 

 

外部アプリさえ使えばある程度できることは増えるんですが、それでもプロ並みのキレイな画を撮るにはまだまだ遠いです。

 

プロのカメラマンですらスマホのカメラでどこまでできるかずっと試行錯誤しているんですから。

 

 

私も「格安のコンデジできれいな夜景を撮ってみたい」という考えを持っていたこともありましたが、結局限界が来るのが早いことが分かり諦めてしまいました。

 

 

なので上級者こそ、スマホのカメラを使いこなす知識をつけないといけないといえます。

 

f:id:HINOmao:20170827192048j:plain

さいごに。

 

これは私がiPhone6のカメラで撮影した朝焼けなんですが、一眼レフで撮影したらどんな感じになるのか気になりますね。

 

気になったとき、それは一眼レフを買うときです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。