ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

クソ物件だらけの「Y澤不動産」とは何者なのか

Twitterで2日ほど前から、謎の不動産サイトが話題になってました。

 

Y澤不動産

 

名前は「Y澤不動産」と言うんですが、興味しんしんな私も見に行ってみることにしました。

 

<<広告>>

 

Y澤不動産のサイト

トップページを見ると町の不動産屋さんらしい、社員の人が部屋相談をする客に親身に応えている、そんな感じの画像で迎えてくれます。

 

f:id:HINOmao:20170819164706p:plain

そして気になるのはこの不動産屋が取り扱っている物件です。

 

では「物件」のページに行ってみましょう。

 

Y澤不動産

 

おおっ、なんですかこの何とも言えないキワモノばかりが並んでいる・・・

 

f:id:HINOmao:20170819164854p:plain

この部屋なんてトイレに4方向から入れますよ。

 

裏を返すと、すべての部屋に行くにはトイレを絶対に経由しないといけないんですけどね。

 

f:id:HINOmao:20170819165046p:plain

この家は一見普通に見えるんですが、すべての部屋にシャワー室を備えてます。

 

水道代がとんでもないことになりそうですね。

 

 

そして、個人的におもしろいと思ったのはこちらの部屋。

f:id:HINOmao:20170819165241p:plain

なんていうか言葉にできない部屋ですね・・・

 

 

玄関がエレベーターで、土足で洋室に入るんでしょうかね。

 

それよりも、エレベーターに乗り込む時、自分の部屋が他人に覗かれ放題ですよ。

 

 

誰も乗っていないことを祈るしかないですね。

 

そして、洋室、トイレ浴室、LDKが全てエレベーターを囲むようにドーナツ状の部屋になっていて、どこでメシを食えと!

 

 

ちなみにこれらの部屋、全て「契約済み」ってなっています。

 

だれが住むんですがこんなキワモノ部屋に・・・

 

 

他に屋根なしバルコニーとか、廊下がうんと長い部屋とか、ロフト間借りとか、玄関開けたら細長い部屋1つだけ(LDK、浴室なし!)ってのも紹介されていて、やはり「契約済み」ってなってました。

 

 

これは15年位前にフジテレビがイベント用に立ち上げた架空のテレビ局、「お台場湾岸テレビ」のノリを思い出しますね。

 

Y澤不動産の正体

ということでこのY澤不動産の正体について追求します。

 

 

一件「内覧のご予約」ができる間取りの部屋がありましたのでクリック!

 

すると、次に現れたページは・・・

 

ticketpay.jp

なんとチケット購入手続きのページでした!

 

 

実はこれ、「方南町お化け屋敷オバケン 」主催の「畏怖 咽び家(いふ むせびや)」っていうアトラクションを宣伝するためのフェイク不動産サイトだったんですね。

 

obakensan.com

畏怖 咽び家とは、本物の古民家を舞台にしたミッションクリア型のオバケ屋敷。

 

アトラクションは章立てとなっていて、今は第一章が公開中。

 

これをクリアーすると、9月から追加される第二章、さらには第三章、第四章と進める仕組みになってます。

 

 

ちなみにさっきのチケット購入手続きのページにある住所は本物。

 

「東京都杉並区堀ノ内1-7-29」を検索すると、善福寺川沿いの木で覆われた一軒家がヒットします。


誰も住まなくなって空き家になったこの一軒家がアトラクション施設に仕立て上げられています。

 

 

たしかに廊下が長い物件とか玄関がエレベーターな物件とかキワモノばかりそろえた不動産、存在するわけないですからね。

 

しかもY澤不動産の電話番号は単純に数字を並べただけの架空のもの。

 

 

ある意味あの物件、内覧したさはあるんですけどね。

 

はたしてこの一軒家でどんな事件が繰り広げられるんでしょうね。

 

 

2017/11/15追記

ツイッターでは毎年その年に出現した訳ありな不動産物件を選ぶクソ物件オブザイヤーというのが開催されるんですが、なんとこのY澤不動産の物件もノミネートされてました!!

 

twitter.com

 

いや、Y澤不動産はどれも架空の物件だから・・・

 

ちょっとノミネートさせるには違うんじゃないかなーと個人的には考えております。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。