ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

手渡しを希望されたくない東京23区の駅10選

ヤフオクやメルカリの世界では、よく受け取りに手渡しを希望する人がいるんですよね。

 

 

それは出品者と購入、落札者の住所がそれぞれ近いから宅急便の代金をケチりたいという理由なんですが、中にはこの駅を希望するなんて嫌がらせだろって駅も存在します。

 

 

そんな手渡しを希望されると出品者が怒りたくなる駅を10ヶ所選びました。

 

1.テレコムセンター駅


ゆりかもめで台場駅からわずか2駅なんですが、たった2駅離れただけで人がたくさんいる場所からだーれもいない場所に様変わり。

 

同じ埋立地にあるにも関わらず、大江戸温泉物語ぐらいしか有名なスポットはないですからね。

 

平日ならまだ周辺のビルに勤めるビジネスマンがいるんですが、土日のこの駅の周辺は本当に寂しいです。

 

というより、なぜこの駅を希望した?

 

2.市場前駅


当ブログでもたびたび話題になる市場前駅、こんなところで手渡し希望するのなんてもはや豊洲市場の関係者くらいじゃないですかね。

 

そんな豊洲市場、いまだ開場してないので普段はだーれもいない、ものすごく淀んだ場所になってしまっているのが現状なんですけどね。

 

 

なのでもはやこの駅を希望する人なんて、嫌がらせで希望しただろといってもいいでしょうね。

 

ゆりかもめの本数が多いのがまだ救いです。

 

3.芝浦ふ頭駅


この駅もとにかく地味ですね。周りは倉庫、倉庫、首都高、倉庫、倉庫、防波堤ですから。

 

そして休日の昼間なんて普段誰も乗り降りしないですしね。

 

 

でもこの駅の周辺、実は海とレインボーブリッジを見渡せる高層マンションもいくつかあるのでもしかするとそこに住んでいるのかもしれませんよ。

 

4.見沼代親水公園駅


「見沼」ですよ「見沼」。

 

漢字に「沼」がある時点でいきなり田舎臭くなりますね。(沼袋民の方すいません・・・)

 

 

なぜ東京23区なのにださいたまの田んぼだらけな地名が出てくるのか疑問に思う人も多いですが、実は「見沼代用水」という用水路がこの近くを流れているんですね。

 

その用水路沿いに続いている公園が見沼代親水公園という名前で、その最寄駅が見沼代親水公園駅ってわけです。

 

 

ただ、この駅がある場所は東京23区であることに違いはありません。

 

日暮里舎人ライナーというまず地元民しか乗らない、ゆりかもめによく似た見た目の新交通システムに乗らないといけないんですけどね。

 

 

きっと希望した人は歩いて1分のところにある都県境の向こう、埼玉県の草加市民なんですよ。

 

5.新宿西口駅


「新宿」という名前だけで慣れない人にとってはものすごーく怖い場所というイメージが湧いてきます。

 

平日も休日もとにかく人が多い!そして、通路が多すぎて新宿駅から出られない!

 

なんだ、新南口って!サザンテラス口って!中央東口って!

 

 

そしてこの界隈には「新宿」という名前がつく駅が多すぎ!

 

西新宿駅、新宿三丁目駅、新線新宿駅、東新宿駅、西武新宿駅、新宿御苑前駅・・・

 

あと、「新宿」って名前はつかないんですが都庁前駅・・・

 

 

しかもこれらの駅のほとんどは、わざわざ電車に乗らなくても新宿駅から地下道を案内のとおりに歩いて着く場所に散らばってます。

 

さすがに東新宿駅と新宿御苑前駅だけは乗り換えないといけないですけどね。

 

 

なら新宿駅南口の小田急改札前とか、新宿駅東口のアルタ前のようにわかりやすいにしろ!と言いたくもなるんですが、指定した人は本当に新宿西口駅から近いマンションに住んでいるか、企業に勤めている人という可能性もなきにしもあらず。

 

6.新整備場駅


お前はJ○Lの社員か??ってくらい、絶対に手渡しで希望されたくない場所ですね。

 

 

なにせこの駅があるのって、空港のど真ん中ですからね。

 

前後の駅は空港のターミナル直結です。

 

7.辰巳駅


聞いただけでどこやねん!というツッコミが間違いなく入りますね。

 

実際の駅の場所は私が大好き東京湾岸、その中でも割と知名度が高い新木場と豊洲の間にあります。

 

 

周りは団地や公園があるので希望してきた人はここに住んでいるのかなー?と連想はできるんですが、「辰巳」なんて普段会話の中で出てこない言葉ですからね。

 

住民以外なら、辰巳琢郎の話になるか水泳競技を見に行くときぐらいしか話題にならないんじゃないでしょうか。

 

ここには「辰巳国際水泳場」っていう施設があるので。

 

 

結構埋立地って、これからの発展を願って縁起のいい言葉を地名にすることが多いんですよ。

 

東雲、晴海、豊洲、有明、平和島・・・

 

8.大師前駅


西新井大師の目と鼻の先にあるのが大師前という駅。

 

 

何とこの駅無人駅!なので切符はお隣の西新井まで乗ってから買わないといけません。

 

そして東京23区にあるのにやってくる電車は2両編成!

 

 

でも駅の周りは家とアパートとマンションと広い道路。

 

なので都会なのか田舎なのかよく分からない状況。

 

 

むか~しは東京マリンというプールもあって、よくテレビでもロケが行われていたくらい有名だったんですがここも潰れて10年以上経ちますからね・・・

 

9.浮間舟渡駅

 


この駅もものすごく地味ーな駅です。

 

やはり地元民以外の知名度は少なそう。

 

 

この駅を通っているのは最弱でおなじみ埼京線なんですが、昼間に至っちゃ各駅停車が20分こない魔の時間帯があることで知られてます。

 

その魔の時間帯に電車を待ってると目の前を新幹線が走る走る走る、でもスピードは大して出せないんですけどね。

 

むしろ新幹線の本数のほうが多いんじゃないかって勢いです。

 

 

あと、駅前にある浮間公園はものすごくピクニックに最適な場所だったりします。

 

10.越中島駅


越中島駅自体は東京駅から京葉線で2駅、所要時間もわずか5分と近く一見すると便利そうに見えます。

 

でもこの駅、実は東京23区の駅で一番利用客が少ないんですね。

 

 

駅自体がこじんまりしすぎなのと、京葉線の東京駅の乗り換えがものすごく距離があって、さらに近くには東西線の門前仲町駅がありますからね。

 

 

でも駅の周りにはちゃんとマンションや企業、大学のキャンパスもあって発展しつくしてる地域だったりします。

 

さいごに

東京23区には駅がものすごくたーくさんあるんですが、実はものすごく大きくて派手な駅から地元の人しか知らないようなローカル駅までいろんな規模の駅が揃っているんですね。

 

次点には東京貨物ターミナル駅とか隅田川駅、越中島貨物駅ってのも挙げられるんですが、貨物扱ってるの駅の名前なんて普通の人わかりませんよ・・・

 

もしこの駅で手渡しを希望してきたのが知人だったら笑ってぶん殴ってもいいですね。

 

埼玉県版も作りました!!

 

www.summertime-24.info

 

最後までお読みいただきありがとうございます。