ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

恋愛下手な人の恋愛あるある

恋愛に関する興味深いツイートがあったのでご紹介。

 

 

 

いや、これはもう恋愛下手あるあるですね。

 

 

たしかに振られるのは非常に怖い。怖いです。

 

なので盤石の守りを固めるってのは分かります。

 

女性からしたらこんな大量の駒で攻められたら逆にドン引きなんですけどね。

 

 

先手の自分としては守りを作れて、かつ攻め駒を作れた、後手の王様の逃げ道はないし、あとはちょっと攻めれば勝てる!!と読んでいた。

 

でも実際の攻めに決めては一切ないうえ自分の王様は身動きすら取れない。そして一手先すら読めていないので何でそんなところに角を打ったのかすら自分でもよくわかっていない。

 

 

そして相手から桂馬を打たれて即、つみです。

 

 

この駒配置を現実の恋愛に置き換えてみると・・・

 

 

女性と関係を作っている途中、会話や行動に脈ありのサインが見え隠れしてきて割といい感じになってきた。

 

告白したいんだけど、振られるのが非常に怖いからこの関係をしばらく続けていた、ってな局面。

 

 

でもふとしたタイミングで女性から衝撃的な一言が飛び出した!

 

 

「私、彼氏(もしくは好きな人)いるんだけど・・・」

 

 

ざんねん!!

わたしの れんあいは これで おわってしまった!!

 

 

男性がうまく関係を作れていたと思っていたもの、それはただの思いこみだったんですね。

 

 

女性としては、何も彼氏について聞かれなかったから答えなかっただけのこと。

 

 

実際は男性との関係には絶対に踏み越えてきてほしくない一線をおいていた。

 

でもいつの間にか男性が踏み越えてきそうになったので牽制と言うか何というか、いいお友達でいましょうってのをアピールするためこの発言を行った。

 

 

私もありましたよ。

 

 

女性との関係が割と進み、「○○さんには、嫌われてますから・・・」という言葉も引き出せた。

 

いざデートのお誘いのメールをしたところ、

 

「彼氏がいるので遠慮します。」

 

ここで撃沈でした。

 

 

なんかこの話、しつこいくらい何回もしてる気がする・・・

 

(まともに恋愛経験がないからだとは言えない・・・)

 

 

恋愛下手な人って、女性から自分がどう見られているのかってあんまり考えないんですよ。

 

私も昔はよーくやってました。

 

今となってはなんてアホなことをしてたんだ・・・と思うんですけどね。

 

 

なので好きになった女性には一人でひたすら変に突っ走ってしまう。

 

だから告白をしても毎回撃沈というオチ。

 

 

これで建前を使ってやさしく断ってくれるんならまだいいんですが、音信不通になるとか当たり前のようにありますからね。

 

で、今度はしつこくしてしまいかえって直せないくらいぐちゃぐちゃに関係を壊してしまいジ・エンド。

 

 

だからこんな感じで女性とうまく関係を作れているってのは、まだ恋愛上手な方と言えなくもないんですけどね。

 

 

そして恋愛下手な人は決まってこんな発言をします。

 

「但しイケメンに限る」

「やっぱり二次元のほうが良い」

「女心はよく分からない」

 

でも私はこう言いたいです。

 

 

私の周り、イケメンでなくても二次元が好きでも結婚している人たくさんいるんですが・・・

 

 

そして、女性も好きな人にはものすごくわかりやすいアピールをしてくるんですよね。

 

本当にものすごくわかりやすいです。

 

 

将棋で言うと・・・こんなに自陣に駒いらないですね。

 

王将と玉将が向かい合ってさえいればあとの駒はいりません。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。