ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

8月のソフトバンクスーパーフライデー、開催店舗決定!今回は築地銀だこだ!

昨日から今日にかけて当ブログのPVが爆増してました。

 

なんでだろうなーと思い、いろいろ理由となりそうなものを思い出していたところ、1点だけ思い当たるフシがありました。

 

 

そうだ、スーパーフライデーだ!!

 

 

ということで、8月のスーパーフライデー実施店舗を調べたところ、既に決まってました!

 

www.softbank.jp

 

https://www.gindaco.com/img/news/404/news.pdf

 

私も今月の頭の記事で予想をちょっとだけ書いたのですが、この記事が検索で見られているようですね。

www.summertime-24.info

これはもうシルエットを見れば一目瞭然でした。

 

 

大方の予想通りというかなんて言えばいいんでしょうか、ご期待の通り「築地銀だこ」で実施される模様ですね。

 

8月のスーパーフライデーの対象年齢は?

今回対象となるのは25歳以下の人向け。

 

 

学生限定とありますが、実際のところは必ずしも4年制大学を卒業するまでが学生ってわけではないですからね・・・

 

大学院なら卒業してからもさらに2年学びますし、大学の医学部ならば6年制ですからね。

 

なので大卒でも社会人3年目、高卒なら社会人7年目でも対象に選ばれます。

 

 

でも、大人の方は10月までおあずけとなってしまいます。

 

 

どうやって25歳以下を判定しているのかというと、これは「使用者年齢登録」で判定しているみたいですね。

f:id:HINOmao:20170728193227p:plain

(ソフトバンクHPより)

 

ここで「契約者」と「使用者」なんてワードが出てきました。

 

「契約者」というのは、その携帯電話の回線を契約して、書類にハンコを押した人。

「使用者」というのは、実際にその携帯電話を使っている人のことです。

 

契約者=使用者で、しかも25歳以下なら間違いなくこのクーポンを使えますが、家族まとめてソフトバンクを使っていて契約者が家族の代表、使用者は高校生か中学生のように契約者と使用者が違う場合、クーポンが使えない可能性のほうが高いですね。

 

この場合、クーポンを使えるようにするにはソフトバンクショップで新しく「使用者年齢登録」を行うか、そこに登録されている年齢を変更するという手続きを行う必要が出てきます。

 

この辺のメールは既に届いていますので、今頃ソフトバンクショップは使用者年齢登録、変更を行いたいユーザーで大混雑してることでしょうね。

 

 

なんで今回は学生(25歳以下)限定なのか?

で、そもそも今回は何で25歳以下に区切っているのか?についても考えてみます。

 

 

考えられる理由としては混雑の緩和というのが挙げられます。

 

 

吉野家やミスタードーナツでスーパーフライデーが実施された時、年齢制限がなされていなかったことから店舗の前には人だかりや大行列ができ、深夜の時間帯にも関わらず店内は客で超満員。

引き換えの品が貰えるまでに2時間かかったという話もありました。

 

 

コンビニのように1チェーンだけで全国に1万店舗以上ある業態ならまだしも、銀だこは銀だこハイボール酒場と合わせても数百店舗しかないですからね。

 

なので、1店舗に大勢の人が集まることを避けたいために年齢を制限しています。

 

 

あ、pdfを読み進めていると、ショッピングセンターやビルの中にある店舗は軒並み非実施になるみたいです。

 

私の地元でもルミネ大宮店は非実施と書かれていました。

 

ここは店舗の立地が駅ビル1階の入口真ん前にあるので、間違いなく近くにある広場も学生たちで混雑して人通りに支障をきたしますからね・・・

 

同じようにショッピングセンターやビルの中にある店舗もそこだけ人がたまってやっぱり人通りに支障が出るのは間違いないですので非実施になるのもやむなしです。

 

大宮店の場合、近くに銀だこハイボール酒場大宮店があるので、もし引き換えたいのならそこに行くしかなさそうです。

 

ということで、もしスーパーフライデーで銀だこに行くには、あらかじめ非実施店舗を確認してから行く必要がありますね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。