ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

C92最新、東京ビッグサイトに早く着く交通機関4選

今年もいよいよコミケが近づいてきましたね。

 

今回は軍資金、いくらに設定していますか??

 

 

さて、コミケと言えば欠かせないのが移動手段ですね。

 

ゆりかもめ、都営バス、りんかい線いずれも臨戦態勢で臨みますが、やっぱり気になるのは始発が動き出す時間ですよね。

 

ということで、今回は各社の交通機関をビッグサイトに早く着ける順に並べてみました。

 

1位 有楽町線→ゆりかもめ

有楽町5:01-豊洲5:09 or 新木場5:00-豊洲5:04

豊洲5:15-国際展示場正門5:24

 

ビッグサイトに最も早く着く交通機関はこちら、有楽町線で豊洲に行き、ゆりかもめに乗り継ぐルートです。

 

 

この始発便、そもそもは豊洲市場へ行く関係者需要を見込んで昨年のダイヤ改正で設定されたものなんですよね。

 

でも豊洲市場の移転は延期による延期でどうなるかは不透明。

 

本来なら市場関係者と混ざって乗ることになるであろうこの始発も今は年に6日間、戦場に向かうオタクしか乗らないという、嬉しいのか悲しいのかちょっと複雑なこの状況。

 

 

あと、有楽町線からゆりかもめに、大量のオタクの民族大移動でわずか6分で乗り継げるのか??といった疑問もありますね。

 

有楽町線のホームは地下3階、ゆりかもめのホームは高架部分。しかも改札を出て一度地上に出ないといけない遠回りを強いられますからね。

 

最も早く出られるのは7番出口、むしろこの出口一択です。地上に出たら正面にゆりかもめの入口が見えますよ。

 

ただ、大垣ダッシュならぬ豊洲ダッシュは必須でしょう。

 

2位 有楽町線 or 京葉線→りんかい線

有楽町5:01-新木場5:14 or 東京4:55-新木場5:05

新木場5:18-国際展示場5:24

 

次にビッグサイトに早く着くのは有楽町線か京葉線に乗り、新木場でりんかい線に乗り換えるこちらのルート。

 

 

りんかい線の始発は毎回恒例の臨時増発便。

 

ただ、有楽町からの始発便ですと新木場での乗り換え時間がたった4分しかありません。

 

新木場のりんかい線改札はあろうことかコンコースの一番奥

 

改札がメトロ、京葉線、りんかい線それぞれ1箇所ずつなのがまだ救いですね。

 

そしてコンコースとホームにはあふれるばかりの参加者、参加者、参加者・・・

 

20分のロス覚悟で1~2本待ったほうがいいか、それとも、既にぎゅうぎゅうの車内に無理やり入り込むか?究極の選択を迫られそうです。

 

3位 東京空港交通(リムジンバス)

バスタ新宿5:00-東京ビッグサイト5:30(道路状況により早くなったり遅くなったり)

 

今回も東京空港交通はコミケ利用客の需要に合わせ、バスタ新宿から東京ビッグサイトに直行する臨時バスを運行することが発表されました。

www.limousinebus.co.jp

8月11日~13日 新宿高速バスターミナル(バスタ新宿) ⇒ 東京ビッグサイトの運行について

 

バスタ新宿の乗り場は4階のA-2、東京ビッグサイトは駐車場での降車。

f:id:HINOmao:20170725175655j:plain

そして、乗車にはインターネットでの事前予約と決済が必要。

 

 

運賃は720円ですが、新宿から乗り換え無しで行ける利便性の高さ、これは使わない手はないでしょう。

 

4位 都営バス 国展08系統

東京駅八重洲口6:00-東京ビッグサイト6:30(道路状況により早くなったり遅くなったり)

 

ビッグサイトへ行く移動手段としては、あんまりおすすめできないのがこの都営バスですね。

 

運賃の安さ(現金210円、IC206円)は魅力なんですが、始発は6:00と遅め。そして、降車はビッグサイトのバスターミナルなので待機場所まで割と歩かされる点が敬遠する理由。

 

運転間隔は10分以内ですし、お盆や年末なので道は空いてるんですけどね。

 

 

あ、帰りは逆に東京駅まで一気に行けるので非常にオススメできますよ。(降車場所が八重洲口のヤンマービル前なのが弱点だけど)

 

※浜松町からのビッグサイト直行はkmフラワーバス廃止とともに廃止となりました。

 

さいごに

当記事をお読みの方が増える頃には、コミケはあと数日と近づいていることでしょう。

 

初参加の方も歴戦の猛者の方も、行きて返ってくることを願っております。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。