ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

おしゃれな表の街になった東京湾岸3選

東京の果ての果てもシリーズ化し、いつの間にか3記事目になりました。

 

過去記事はこちらからご覧ください。

 

東京湾岸が果ての果て?嘘をつけ、おしゃれな表の顔の東京になっているぞ - ごった煮

本当に東京の果ての果て感を味わいたい人におすすめ東京湾岸4選 - ごった煮

 

最後は、オシャレな表の街に変わった東京湾岸の町並みを3か所お見せします。

 

今回も航空写真にはGoogle Earthを使用しました。

 

便利なもんで、過去20年位までなら街並みが遡れるんですね。

 

なお、上が1997年、下が2016年の航空写真です。

 

1.豊洲

f:id:HINOmao:20170718090459p:plain

f:id:HINOmao:20170718090521p:plain

20年の間に町並みが激変したのが豊洲です。

 

日本ユニシスの本社以外、企業の工場や埠頭勤めの人の社宅のように背の低い建物しか無かった街はがらりと一転して高層マンションと高層オフィスビルだらけになってしまいました。

 

海沿いにあった石川島播磨重工業の造船所や工場は2002年に移転する形で閉鎖、跡地はうまく区画整理が行われてららぽーと豊洲やホームセンター、高層マンションになりました。

 

 

江東区の人口統計によると2017年1月現在で14763世帯、34369人の人がこの街で暮らしています。

 

2006年の湾岸ブームの走りになった新庄剛志のCMに乗せられて移住してきたって人もいそうですね。

 

 

私も住めるならこの街に住みたいです。

 

大型ショッピングセンターあり、ホームセンターあり、セブンイレブンの日本第一号店ありといたれりつくせりですからね。

 

それでいて地下鉄に乗れば銀座までわずか3駅、バスに乗れば東京駅まで乗り換えなしっていう利便性の良さ。

 

ちなみに、豊洲のタワーマンション、高層階はなんと9000万円以上の高値で分譲されています。

 

さらにさらに、豊洲6丁目に新しくできたマンションですとこれもなんと2億円の値段が付けられているところも・・・

 

 

とてもじゃないですが今の私には手が出せません。

 

2.東雲一丁目、二丁目東側

f:id:HINOmao:20170718093724p:plain

f:id:HINOmao:20170718093751p:plain

豊洲駅から都営バスで5分、橋を渡ると正面に見えてくるのが大規模ショッピングセンターを目印とした、これまたオシャレな高層団地群です。

 

 

もともとこの場所には何があったかというと・・・三菱製鋼の東京製作所があったんですね。

 

この工場も90年代前半に移転する形で閉鎖、すでに1997年には更地になっています。

 

なので、2000年ぐらいまではこんなにだだっ広い土地がポッカリと空いている光景を目にすることができました。

 

 

時期的には、豊洲がオシャレな街になるよりも先に東雲のこの地域の方がオシャレな街に生まれ変わっています。

 

いや、ここもマンションは高層階ですと1億を軽く超えるところもありますよ。

 

低層階なら安いところですと3000万円くらいから売られているのでまだ手が出せそうですけどね。

 

ただ、相場は5000兆円万円前後です。

 

3.有明北

f:id:HINOmao:20170718100724p:plain

f:id:HINOmao:20170718100905p:plain

この地域もかなり姿を変えましたね。そもそも埋立地の島の形すら違っています。

 

これはかつて貯木場だったところを臨海副都心計画で埋め立て、やはり大規模マンション群として大勢の人が暮らせる住宅地として開発したからです。

 

 

今でも残っている建物といえば・・・ディファ有明ぐらいでしょうね。

 

ただ、この建物も昭和の頃から建てられた倉庫を改装しただけですからすでにオンボロになっていて、取り壊されることがすでに決まっています。

 

 

そして、今や貯木場の名残と言えば「木遣り橋」という橋の名前にしか残っていません。

 

中小の材木屋も運送業者の営業所もみんなどこかにいってしまいました。

 

 

空き地がずっと広がっているところがあるんですが、これは2016年東京オリンピック構想では選手村になる予定だった場所です。

 

2020年に開催される東京オリンピックでは計画が変更され、体操の競技場ができるんだとか。

 

仮説になるのか常設にランクアップするのか・・・

 

さいごに

ここ20年の間で起きた産業構造の変化は街の形すら変えてしまいました。

 

工場や造船所の跡地が今やマンションとショッピングセンターが集まるちょっとだけハイソな街ですよ。

 

しかもバスが通っていますので東京まで乗り換え無し、ここ数年の間にいつの間にかバスの本数も増えましたしね。

 

それにしても、この街に住んでみたいですね。高層階から見下ろす海の向こうの高層ビルの列はさぞや美しいんでしょうね。

 

今の私ではGoogle Earthでしかその姿を拝めないんですけどね。

 

いつかこの目で見るチャンスがあれば、乗っかってみたいです。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。