ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

TwitterのCM、理想と現実を比較する

Twitterが最近になってCMを制作したみたいですね。

 

ちょっと動画をご覧いただきましょう。

www.youtube.com

Twitterの運営サイドはこのCMのように毎日建設的な議論や意見がかわされる空間を理想としていたんでしょうね。

 

しかし、現実は・・・かくも無残なことになっていました。それでは比較してみましょう。

 

理想

実際にユーザーからのツイートを集め、みんながとっつきやすいテーマであろう「働き方改革」についての議論や意見が交わされます。

 

プレミアムフライデーには親しい人と温泉に行く動画がアップロードされ、商店街では夕方6時に仕事終わりの一家が一緒に買い物を行う。

 

これが意識が高いのかはさておき、本当に働き方は今後どんどん改革していってほしいですね。

 

未だに戦時中の軍隊から続く謎の精神論、根性論による長時間勤務がはびこっていますからね。ITとか飲食業界とか営業会社は特に。

 

 

佐川が始めようとしている週休3日制、東京都も賛同しているイクボス宣言のように新しい取り組みがどんどん提案されていき取り入れられるようになっていくとうれしいです。

 

 

ブロガーは・・・24時間365日、毎日8時間ブログ制作やネタ探しに費やせる継続力がある人なら向いています。

 

現実

これは私のTLだけかもしれませんが、現実なんてとても残酷ですよ。

 

ツイートの半分は「5000兆円ほしい」で埋まり、「淫夢」語録の流行は衰えることを知らず。

 

和田アキ子の「おせち○こ」が再流行し、BME動画で「ELECTRICAL COMMUNICATION」が品性を疑う使い方をされる。

 

公式がTwitterアプリをアップデートすとユーザー視点じゃないと批判の嵐。

 

とあるbotの「チ○ポ(ボロン」に多くの人がリツイートし、とある青年のセブンイレブンのおにぎりに虫を入れる自作自演がバレると即炎上。

 

サヨクの人々が連日安倍政権の批判というかただの暴言と妄想を繰り返し、豊洲市場はモリドガー、イシハラガー、ベンゼンガーの攻撃。さらには普段マスゴミと呼んでいる人が平気でデマを垂れ流す。

 

 

そんな殺伐とした、現実を忘れたい人の空間ですよ。Twitterは。

 

 

流行り始めた2009年からずっと2ちゃんねるのニュー速板やVIP板あたりのノリがそのまま引き継がれているような感じ。

 

私も6年前の東日本大震災以前からTwitterやってる古参ですからね。

 

むしろ多くのユーザーに見られるようになった分凶悪化してます。

 

 

このへんはきれいさっぱりCMではろ過されてるんですけどね。

 

ある意味4000万人が知らない世界が広がっているのがTwitterなのでした。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。