ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

アニメSchool Daysのエンディングはクセが強いどころか人が2人死ぬから気をつけろ

ABC系で放映された「独断!ランキングダム」の中で

「クセの強いアニメランキング」に取り上げられた作品のうちの1つSchool Days。

 

関西ローカルの番組でしたので関東の方にはご縁がなかった当番組。

確かに紹介時の1枚画ですと清純な女子高校生2人とイケメンの男子高校生1人の三角関係が織りなすラブコメディ作品のようにも見えます。ただ、この番組を見て興味を持った方、ご注意ください。

 

このアニメ、清純なストーリーがずっと続くのかと思いきやそんな甘い話ではありません。

特にエンディングはクセが強いどころじゃないです。

先にいいますと人が二人バタバタっと死にます。

 

ではご紹介していきましょう。

アニメSchool Daysとは

School Daysは今から10年前の2007年秋にアニメ化された作品です。

f:id:HINOmao:20170617195228j:plain

 

原作はオーバーフローというゲーム会社から発売された18禁恋愛アドベンチャーゲームなんですが、(当時は18禁ゲーム原作のアニメが多数企画、放映されていた)この作品、原作の段階で既に多数のトラウマシーンだらけだったんですよね。特にバッドエンドは。

 

「歩道橋で女子高生が女子高生に×される」「女子高生がマンションの高層階から××する」「海辺で主人公が女子高生(しかも妊娠してる)に×される」なんてさすがに見せられませんよ。私は見ましたけど。

作中でもストーリーの展開によってはヒロインの1人が「×××」されますし。このシーンをなぜアニメでも取り上げたのか。あまりにグロくて伏せ字にしたくなるくらいです。

 

でも、このバッドエンドこそがこの作品を注目させたポイントということも事実でした。

私もこのエンディングを見てハマりましたからね。

 

さて、アニメの最終回ですが、ストーリーは以下のようになっていました。

気になる人だけお進みください。

※言っておきますが、ネタバレ注意です。

 

School Days最終回のエピソード

 主人公の伊藤誠と彼女の桂言葉が誠の自宅でディープキスしているのを目撃したもう一人のヒロイン西園寺世界。前の話からの続きだったのですが、この段階で既に清純さは消え失せていますね。

世界は既に誠の子を妊娠しています。そればかりか、誠は数多くの女子と関わりを持っていました。

自宅で落ち込んでいた世界のもとに届いた誠からのメールは「中絶」をうながすもの。

 世界は不登校となり、誠のもとへ一通のメールを送ります。それは「家で二人で話したい」という内容。

そして夕方、誠の家。家事をしている世界が見たのはゴミ箱に捨てられていた料理。

一方で言葉は妹と一緒に夕食の買い出しに出かけています。

 

部屋で1人いる誠へ世界はメールを送ります。「ごめん(ずっと改行)さよなら」という内容。

そして誠は・・・・・・・・・

 

 

 

 

世界に刺されました。包丁で。

 

 

 

もがき苦しむ誠へさらに致命傷を与える世界。

 

 

 

瞳孔が開いた誠の姿を目の当たりにした世界はうろたえ、自分もリストカットをしてその場を立ち去ります。

 

誠の家にやってきた言葉はこの惨状を目の当たりにし、世界にメールを送ります。誠の携帯から。

 

学校の屋上に呼び出された世界。そこにいたのは何やらカバンを持ち、既に病んでいる言葉。

 

 

このカバンに入っていたのは・・・・

あの世界が嘔吐するくらい気持ち悪いものでした。

 

 

 

そして言葉に本当に妊娠しているのか迫られた世界は・・・・ノコギリで首を切断されます。

 

 

 

最後、腹も開けられた世界に言ったことばは・・・「中に誰もいませんよ」

 

 

ラストシーン、夕暮れの海で言葉様はヨットに乗ってプカプカ漂っていますが、抱きかかえているものってもしや・・・。

さいごに

バカ野郎!

 

そりゃ地上波で放映中止にもなりますよ・・・当時アニメファンの間でもずいぶん騒がれましたし。クセどころの話じゃないのがお分かりになりましたでしょうか。

それもこれも全てクズな誠が悪いんですが、まさか原作の有名バッドエンド3つのうち、2つを織り交ぜたストーリーに仕上げてくるとは。日テレの2時間ドラマ顔負けです。

最初にテレビ放映されたのはCSのAT-Xでしたが、それでもアレがブラックコーヒーになる修正が行われてましたからね。

放映中止に怒っていたアニメファンも、このエピソードを見た後はクルッと手のひらを返してむしろ放映中止を決めた英断に感謝の言葉すら述べていました。

ちょうどタイミングがいいのか悪いのか、16歳の女子高生が父親を凶器で殺したという報道があったのが放映中止の理由でした。

 

さあ、これでも見たくなった方はどうぞご覧ください。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。