ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

セブンイレブンのスーパーフライデー、2回目が終わり

スポンサードリンク

ようやくブログ執筆のモチベーションが整いました。日野まおみです。

 

さて、セブンイレブンでは2度目のソフトバンクスーパーフライデーが終わりました。昨日シフトに入ってらした従業員の皆様は本当にお疲れ様です。

 

Twitterのみなさんのツイートを拝見しますと、今週もワッフルコーン2種類が夜の早いうちには品切れになった店が多かったようで、何か所回っても見つからないという発言が相次いでいました。

さすがに昨日は2週目ということもあり、電話でかたっぱしから在庫あるかを聞いてくる人が現れたり、果てはクレームにまで発展したという発言もありましたね。

 

なぜワッフルコーンが品切れになるのか?

1.全店入荷数が絞られていた

Twitterで店舗や店員のアカウントを見たところ、実はワッフルコーンの入荷数が一日1ロット(13個)に制限されていたという話もチラホラ出てきています。

 

アイスの入荷が毎日あって、全部在庫として抱えたとしても13個×7日=91個。最大でも各店舗91個ということですか。実際は毎日販売されますので、引き換えに回せる分はもっと少なくなるということになります。最悪13個ずつになってしまった店もありそうですね。

 

無料引き換えの対象商品の割に入荷数に上限がかけられているという引き換えたい客からしたらわけがわからない事になっていますが、さすがに私でも原因は分かりません。だって通常期は2ロット以上入荷できるんですよ?

 

工場での生産体制の都合なんでしょうが、それでも事前に生産ラインを増強するなどセールに備えた対策が取られている様子が全くみられないのが困ったところです。

 

2.セブンイレブン本部の見通しの甘さ

恐らくこのセールが始まる前のセブンイレブン本部の見通しとしてはアイス3種類は人気は3分割されるかマンゴーアイスの引換も多いだろう、なので23:59まである程度全種類品物は残っているだろうと踏んでいたと考えています。

しかし実際の客の動きは全く違いました。税込183円と値段が高いワッフルアイス2種類の引換が一気に行われ、その後は売切れてたから仕方なくマンゴーアイスを選んだ客が多かったようです。この流れは週が経過するごとに加速されます。

Twitterにアップされている画像でもマンゴーアイスは在庫がたくさん残っているのに、ワッフルコーンは姿を消していることからも分かります。

 

今後の対策は?

さすがに2週連続ワッフルコーンだけがいち早く売り切れているこの事態、本部にもクレームの電話やメールがかなりの数いってるはずです。ですので本部も何かしらの対策は考えているはずですが・・・

 

一番現実的なのは入荷数の上限を撤廃することですが、さすがに短期間で工場の生産ラインを増強するのは難しいでしょう。

なら、引換対象アイスを何種類か増やしますか?初めてですよ?期間内に引換対象が増えるのは。ファミマではファミチキを品切れにすることはなかったというのに。

7月以降に引換られる券(店舗を限定するのかしないのかは分からない)を発行するやり方は多くのソフトバンクユーザーから挙がっていますが各店舗で数十枚単位で乱発することになる上、これに対応させるためには引換期間がものすごく長くなる上、ワッフルコーンの入荷数制限も数ヶ月単位で伸びることになりますからかえって混乱しそうです。

 

やはり、現状のまま6月が過ぎるのを待つことになってしまうんでしょうか?今度はセブンイレブンに対する不信感だけが増えていきますよ?

 

最後までお読みいただきありがとうございます。