ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

暑いので、KEYNICEのミニ扇風機を購入した

スポンサードリンク

最近暑くなりましたね。

 

今年の夏は酷暑になるとかならないとか、気象庁からはそんな発表もありました。

なんですか、5月なのに最高気温31度って、もう梅雨明けたんですか?

 

毎日蒸し暑いので扇風機を買っちゃいましたよ!

KEYNICEというブランドから出てるクリップ式の小型扇風機です。

 

もちろん、この扇風機についてもレビューをしていきます。

 

 

まずはKEYNICEというブランドを紹介します。

KEYNICEというブランドはamazonを唯一の販売店としており、他のネット通販や家電量販店には商品を卸していません。

運営企業は「天健國際科技有限公司」というんだとか。

名前からも分かる通り日本国内の企業ではなく、香港に本社を構える中国系の企業です。

住所を調べてみたところ、立派な鏡張りのビルに入居しているようです。

 

なお、KEYNICEが中国系企業だとわかったのはこのブログ記事を執筆したときでした。

 

その他amazonではデジタル温度計や自撮り棒、カークリーナーといったデジタル関連の周辺機器も販売していました。

購入した扇風機は1599円で販売されています。

 

 

さて、商品を実際に使ってみましょう。

まずは外観。

f:id:HINOmao:20170531181103j:plain

USB接続ですので、iPhoneやタブレットPCのようにパソコンやモバイルバッテリー、あとはUSB端子付きのACアダプターを利用して電力が供給されます。

ファンは4枚の構造です。

 

f:id:HINOmao:20170531181335j:plain

スイッチは「強」「弱」の2つあり、縦棒の数で強さを表します。

もちろん、2本線のほうが「強」です。

 

スイッチがファンの背後にありますので迷うかもしれませんね。

 

風の強さを実際に感じてみますと、「強」にした場合ものすごい勢いでファンが回転します。

家電量販店で売られている小型のファンよりも強い風が吹いてきます。

「弱」の風速はその小型のファンの「強」と同じくらいでした。

 

もしかすると、同じような価格で売られている卓上の扇風機と同じ風速かもしれません。それくらい本体の大きさの割に風速は強めです。

 

静音ブラシレスモーター採用と謳っているのでモーターからの騒音も気にしてみましたが、「弱」では非常に静かに感じます。「強」の時は音は大きくなりますが、他のファンよりも静かです。むしろデスクトップPCの冷却ファンの方がうるさいかもしれませんね。

 

ちなみに、この扇風機は首振り機能はありませんでした。ただ、ファン部分は180度縦に手動回転する構造になっています。

 

また、クリップ式ですから、机やテーブルの端っこに取り付けることもできます。

力を入れて押し込まないとクリップが開いてくれないですけどね。

 

クーラーがなく、コンセントから電源が取れない倉庫みたいな場所でも使えますので、作業中でも自分に涼しい風を当てたいって人には1台くらい欲しい扇風機ですね。


 

最後までお読みいただきありがとうございます。