ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

都民ブロガーこそ、豊洲市場の見学会に行くべき理由

スポンサードリンク

報道の通り、完成しながらも開場が延期されている豊洲市場、

この市場の現状を見てもらうべく東京都は都民向け見学会を試行します。

 

豊洲市場の都民向け見学会の開催について|プレス発表|東京都中央卸売市場

 

東京ベイエリアをネタにしていると必ず書かないといけなくなるであろうこの豊洲市場なのですが、さすがに当ブログは政治ブログではありませんので私の現在の知識量で書くことは不可能です。ここは最初に謝っておきます。

ただ、小池知事にひとこと言いたいのは、開場するのか開場しないのかあなたの口で判断してほしいということです。マスコミ報道を見る限りでは逃げているようにしか見えません。

 

 

さて、当記事の趣旨は政治的なことではなく、

都民ブロガーこそ豊洲市場の見学会に参加してほしいと考えているということです。

 

その理由を挙げてみます。

 

見学会に参加してほしい理由

都民のブロガーの皆さんこそ見学会に参加してほしい理由は非常に簡単、それは私が都民ではないからです。

東京ベイエリアが好きな私ですが、実は住まいは埼玉です。

本当は私もこの市場の見学会にブログのネタづくりのために参加したかったのですが、あいにく応募資格を満たしていないために諦めました。

ならば、実際に都民の方にこの目で見てきてほしいですね。

 

そして、あなたの文章で豊洲市場を紹介してほしいです

 

豊洲市場は前を通りがかったことがありますが、築地よりも何倍も広くて、非常に綺麗な施設ですよ?

そして、周りには運河を一望できる遊歩道がありますのでファミリーやカップルも気軽に訪れられますし、埠頭の先端には新たなレインボーブリッジや都心の夜景鑑賞に最適な公園がいよいよ7月に完成します。

 

弱点は、開催日が6/14(水)と平日なところ。これでは本業で会社勤めしている方は有給取らないと参加できないじゃないですか。ここは非常にお役所的です。

 

回れる場所

水産卸売棟と水産仲卸売棟、それと青果卸売棟の3か所の内、皆さんの注目が高い場所がピックアップされています。

 

具体的なルートはこちらのリンク↓をクリック。

http://www.shijou.metro.tokyo.jp/press/pdf/29/image/290530.pdf

 

さすがに盛り土がどうとかさんざん報道され続けた地下ピットは一般の人は立ち入り禁止ですから映像での紹介となるんだとか。上に配管が通っていますので保守関係の人以外の人にとっては危険ですからね。

 

応募倍率を予想

マスコミが連日報道していて非常に注目されている市場ですから、倍率は100倍は超えるはずです。30人(※2回開催されるので60人 6/11追記)の定員に対し、3000人以上が応募してくる計算ですね。

 

さいごに

豊洲市場は長らく沈黙を続けていましたが、ここにきて東京都は見学会を開催するようになりました。

東京都としては、さっさと開場したいんでしょうね。オリンピックと豊洲市場開場は連動していますからね。なので都民に現状を見せることにした、という流れが推測できます。

私としては、特にブロガーの皆様にはぜひその流れに乗ってほしいです。

 

おそらく倍率が高ければ今回だけでなく第二回、第三回の見学会も 開かれるはずです。

 

※2017/6/11追記

倍率が出ました。60人の定員枠に1500人が応募、ざっと25倍です。

ですので定員を増やした上で次回以降も開催するでしょう。今度はサラリーマンが休みの土日にお願いします。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。