ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

今までに一番リピート再生した曲

スポンサードリンク

お題「今までに一番リピート再生した曲」

今回はこちらのお題にも答えてみます。

 

一番リピート再生した曲、それは、

CHERRYの「WHEN I CLOSE MY EYES」という曲です。

 

www.youtube.com

ユーロビートの楽曲で、恐らく多くの人がイメージするであろう頭文字Dやパラパラといった激しい曲とは違い、いわゆる哀愁ユーロといわれる寂しさを感じさせるような曲の分類に入ります。STOP THE MUSIC/SOPHIEとどちらが哀愁的でしょうかね。

ちょうど私が先日ブログに書いた作業用BGMでも選んでいますね。

www.summertime-24.info

この曲は吐息から始まり、ピアノソロが非常に物悲しさを誘います。

 

ただ、私が初めてこの曲を聴いた時、イントロのフレーズからリフにかけて受けた印象は空一面の黒い雲の切れ目から一筋の光が差してきた、絶望の淵から生きる望みが湧いてきたようなそんな感じでしたね。

 

歌詞はそんな印象とは全く違ってて、恋人と生き別れてしまった失恋に関する内容のものが相当ねちっこく描かれているんですけどね。

 

あ、ユーロビートに限らず、ヨーロッパの曲はどうもボーカリストの実名とレコードの名義がバラバラで、一人の歌手が複数の名義を使い分けたり一つの名義を複数の歌手が何世代に渡って使ったりが当たり前なんだとか。なので、別な名義でも声はどこかで聞いたことがある、そんな曲がいっぱいあったりします。この曲でしたら「CHERRY」名義と呼んだほうが正しいでしょう。

 

で、この曲のボーカリストは本名をClara Moroniというんですが、この方もいろんな名義を使い分けています。つい最近来日もしたことがありますよ。各地のディスコで何曲か生歌を歌ったそうで。

その時の様子はユーロビートフリークの方々によりYoutubeにたくさんアップロードされていますので、こちらもぜひご覧ください。

 

※2017/6/4追記

「空一面の黒い雲の切れ目から一筋の光が差してきた」空を撮影することができました。

その記事を追加。

www.jinjiang.info

 

最後までお読みいただきありがとうございます。