ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

洗い物が短時間で終わる裏技アイテムを見つけた

私がコンビニでアルバイトをしていた時代、洗い物はいたずらに作業時間を増やすだけの天敵でした。

特にフライヤーの陳列トレイを洗うのが非常に面倒で、ただでさえ仕事量が多いのに時間をイタズラに喰います。

ですので、さっさと終わらせて楽したい方法をあれこれ模索していたところ、偶然にもテレビで裏技アイテムを見つけたのでご紹介します。

 

これは同じようにコンビニでアルバイトをしている人だけでなく、主婦の皆さんにも効果的です。

 

見つけた裏技アイテム

洗い物が短時間で終わる裏技アイテム、 それは「レジ袋」です。

f:id:HINOmao:20170527070939j:plain

 

普段買い物をする時に必ず付いてくるアイテムですね。最近は環境保護で有料になっているお店も増えてきていますが。

 

※イラストはFree Download Webさんの創作

 

作業手順

このレジ袋で食器の油汚れが酷いところをセッセと拭くだけ。その前にハサミで適当な大きさに切っておくとなおエコロジーです。

手に油がつくと支障が出ますので、ゴム手袋をはめたほうがいいでしょう。

 

ちなみに、さっとひと拭きではダメです。レジ袋に油がいっぱい付くくらい拭かないと意味がありません。汚れがそれでも落ちない時は最後のひと押しにキッチンペーパーも使うことがありますね。

 

使い終わったレジ袋はそのまま捨てればOKです。

 

油を完璧に落とした食器をお湯で10分ほどかけ流しているとあらびっくり、洗う前から今までと比べて浮き上がっている油の量が少なくなっているではありませんか。あとは洗剤とスポンジでこすり、すすぐだけ。

これなら浸け置き洗いもいりませんし、重曹やセスキ炭酸ソーダもいりません。

大量に買い置きした重曹とセスキ炭酸ソーダとは何だったのかってくらい使用頻度が減ってしまいました。

 

スポンジの油汚れも今までと比べて格段にキレイになりました。今まではスポンジに油が残ってしまって落とすのに苦労しましたが、この面倒くさい手間もほぼ0になりました。

 

レジ袋で食器の油が落ちる原理

レジ袋の原料は「ポリエチレン」、これが油と非常に仲が良くて、油を吸収してくれるんですね。これにより、食器についた油がレジ袋の方にじわじわ移動してくれます。

 

油をよく吸い取るという性質を利用すれば、あぶらとり紙の代用になったり、浴槽の清掃にも使えそうですね。

 

さいごに

まさかほんのちょっとの一手間で洗い物の時間が今までの半分で済む上、油汚れがきれいさっぱり落ちその上スポンジまで汚さないという一石三鳥になるとは思いもよりませんでした。

 

これ、2月ぐらいにテレビでやっていたネタをそのまま受け売りしたんですが、非常に効果てきめんでした。

お読みの皆様も、是非試してみてくださいね。

 

 最後までお読みいただきありがとうございます。