ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

謎の半導体メーカーと謎のサングラス男のアイツ

日経新聞がアメリカの半導体メーカーNVIDIAを「謎のAI半導体メーカー」とニュース記事の題名に付けたことに対し、インターネットユーザーの間で炎上しています。

 

そのニュース記事はこちらです。

business.nikkeibp.co.jp

NVIDIAといえば、グラフィックボード「Geforce」シリーズが最も有名な製品でしょうか。

GeForce - NVIDIA GeForce製品群 - NVIDIA|NVIDIA

PCを自作したことがある人や、PCでオンラインゲームをする人にとってはもはや知らない人がいない製品ですね。「Geforce」はオンラインゲームなら動作推奨、必須環境のグラフィックの項目のところに必ず記載されてる名前です。

他にグラフィックボードで有名なブランドと言えばATI(現AMD)の「Radeon」シリーズがあり、この2つがシェアの上位を占めています。

 

最近では、Nintendo Switchのプロセッサーに「Tegra X1」をカスタマイズしたチップが使用されていますね。

 

さすがに・・・日経の記者もNVIDIAについて全く知らないわけがないんですよね。この企業については日本法人を中心にたくさん取材もしてきているはずです。

ただ・・・主な読者でもある日本のエリートビジネスマンや会社経営者にNVIDIAとはどこの国の企業で、どんな製品を取り扱っているかを聞いたところで、詳しく答えられる人が何割程度いるのか、私としてはむしろこちらが気になりますね。あまり高くないことは容易に想像できます。

CPUでおなじみ半導体メーカーのIntelのようにさかんにテレビCMを流しているわけでもないですし、PCの自作なんて秋葉原や日本橋によくいる根暗なオタクがやっていることというイメージが非常に強いでしょうし。

なので、記事のタイトルに「謎の半導体メーカー」という名前を使ったんでしょうが、今度はインターネットに詳しい層からボコボコに叩かれるという何ともいえない展開になってしまいました。

 

あ、NVIDIAの年間売上は5000億円超、時価総額は9兆円であることも書いておきます。

 

「謎の○○」つながりでもう一つ

謎の半導体メーカーのパーツを取り扱っているブランドと言えば、こちらの

「謎のサングラス男」がパッケージに描かれているところがこれまた自作PCユーザーの中では有名ですね。

f:id:HINOmao:20170522171223j:plain

そう、自作PCに詳しくない素人はお断り、玄人だけが扱えることを謳っているブランド

「玄人志向」です。

 

あ、TMNの木根尚登ではないですからね?非常に髪型やサングラスの形は似ていますけど別な人がモデルですからね?

玄人志向で取り扱っている製品は初期不良以外、一切サポートを受け付けていません。電話、メール、郵送、どれもダメです。あと、取扱説明書も英語で記載しているものがオンラインで公開されているのみ。ですので英語の知識がある程度必要です。

このスタンスを守り続けることで高性能な製品を低コストで販売しています。

※最近では一部製品でメールサポートを受け付けるようになったようです。

 

ちなみに、私は一回もこのブランドの製品を使ったことがありません。恥ずかしながら。

 

玄人志向も謎の半導体メーカーについて公式ツイッターで早速ネタにしているようで、こんなツイートも。

 

今日からは「謎の○○」が大流行しそうですね。いっそ有名無名に関わらずメーカーはこの波に乗って「謎の○○な会社」とTwitterで名乗れば受けるんじゃないでしょうかね?

 

受けるのは長くて1日くらいでしょうが。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。