ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

ブログ初心者の私がブログの文章を書くコツをマリオメーカー10の心得に見てみた

スポンサードリンク

2015年、任天堂はスーパーマリオメーカーというソフトを発売しました。

 

どんなソフトか?といいますと、自分で思い思いのステージを作り、インターネットで公開して友達を含め世界中の人々に遊んでもらうor友達を含め世界中の人々が思い思いに作ったステージを遊べるよ、というものです。

ユーザーに家族が多い任天堂は小学生のちびっ子が遊ぶことを想定して、ステージを作る前に読んでほしい「10の心得」というものを作ってくれました。

 

この心得、ステージを作る時だけでなく、あらゆるものを創り上げる時に非常にタメになる事を書いてくれているんですよね。イラスト書くときとか、ブログを書くときとか・・・

 

今回はそのマリオメーカーの10の心得を参考に、ブログの文章を書くコツをブログ初心者の私なりにアレンジしたものをまとめてみたいと思います。

言うなればこちらは自分の勉強用です。

 

ブログで収益化を図りたいんだけど、Google Adsenceの審査に落ち続けていて困っている!って人にも、ちょっぴり役に立つアドバイスになることを祈っています。

(Google Adsenceの審査に合格する=ようやくスタートラインに立てたという意味ですのでお間違いなく)

 

1.書くことを一つ決める

例えば「A」をテーマにブログを書く時、いろんな視点から書きたいと思っていても、それをずらずらと書くよりかは、その中からテーマを1つに絞って膨らませていくと読みやすいよ、というものです。

ズラズラ書くんだったら私なら記事数を増やしますね。

 

2.できるだけ少ない文字数で

これは記事全体の文字数というよりかは、1文あたりの文字数を少なくしたほうがいいよ、という事です。小説でもえらい1文が長い文章を見かけることがありますが、それだと書き手が何を言いたいか読み手が分かりづらくなるんですね。ですので、いくつかの文に区切ったほうがいいよ、というものです。

 

3.完成させる、人に見せる

世の中、完璧主義な人はとかく損します。ブログ記事を作る時も同じで、完璧な記事を作るために時間をかけるんだったら、まずは不完全でもいいから完成させて公開したほうがありのままのことが書けてみんなの反応を得られやすいですよ、というものです。

意外ときっちり書いた記事は見てもらえず、80%のできばえで公開してまえ!と「公開する」をクリックした記事のほうが見てもらえたりします。

 

4.ひらめきを大切に

ブログの記事がネタ切れになってしまった!場合に、自分の過去の記事を見返してみて気になる言葉について掘り返してみたり、何気なく眺めている本、ネット、SNS、友人知人同僚はたまた見知らぬ人の会話を聞いたりすることで意外と記事にできそうなピンとくるものがあったりするんですよね。

あ、ちゃんとネタ帳やメモに一度書き留めておかないと、忘れてしまうので注意です。

 

5.猫の手がカワイイ

実際に「マリオメーカー10の心得」の10番目に「猫の手がカワイイ」と書かれています。

猫が好きな人なら、猫の手が可愛い自分の理由で1記事、さらにそこから色々と派生させて1~2記事書けるのではないかと考えます。ただ、猫の手でノートパソコンの電源を押されるとたまったもんじゃないですけどね。これを人はニャンサムウェアと呼びます。

お、これは記事執筆の練習にもってこいのテーマじゃないですか。

 

結論

自分の気持ちを垂れ流す記事ももちろん大事ですが、時には読み手のこともほんのちょっとでいいから意識してね、ということですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。