ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

ゲームテスターとプロゲーマーは全然違うという話

スポンサードリンク

ゲームのテストプレイの他に、ゲームをプレイしてお金を稼ぐ仕事がないか調べてみたところ、見つかりました。

プロゲーマーという仕事です。

 

しかし、この2つの仕事、やっていることは似ているようで全然違います。

その違いについても述べてみたいと思います。

 

プロゲーマー

日本ではほとんど馴染みのない職業ですが、欧米や韓国ですと既に職業として確立されているのがプロゲーマーという仕事です。すでに競技人口は世界中になんと5000万人以上いるとかいないとか。

日本ではゲームと言えば暇な時に行う単なる娯楽として扱われているのに対し、海外に行くとゲームはもはやスポーツとして扱われており、eSportsという競技にまで発展しています。

主に対戦格闘ゲームや一人称(まれに三人称)シューティングゲーム、戦略的ゲームと行ったプレイヤーの腕がそのまま実力になるジャンルのゲームが採用されています。

 

プロゲーマーはどのようにしてお金を稼ぐのか?

それは簡単、どこかの団体に所属しゲームの世界大会に出場して賞金を稼いだり、ゲーム会社とスポンサー契約を結びギャラを得たりといった方法が一般的です。世界の大きい世界大会ですと優勝賞金は1億2億は当たり前で、この賞金だけで生活をしている人もいるほどです。ただし相当の練習量が必要で、1日10時間以上練習しなければいけないこともあります。

これぞまさしくスポーツ選手ですね。むしろマイナーなスポーツのプロよりも稼げます。

 

日本でもようやくesportsの普及に取り組み始めており、少なからずプロゲーマーが誕生しています。有名な人物としてはウメハラ氏が挙げられますね。彼も外国のゲーム団体に所属し、

 ストリートファイターの世界大会で賞金を稼いでいます。

なぜ世界に進出するか・・・それは、日本ではまだプロゲーマーが少ないことと、賞金ではとてもじゃないけど稼げないからなんですね。どうもゲームメーカー主催の大会の場合、上限が10万円なんだとか・・・。第三者主催でしたら上限もなくなるのですが、今度はスポンサーが見つからない為に大会自体が開けない、まだまだ世界と比べると遅れを取っているのが現実ですね。

 

ちなみにプロゲーマーも他のスポーツ選手と同様、20代後半から30代で引退を余儀なくされるようです。

 

テストプレイヤー

プロゲーマーは会社とスポンサー契約を結びゲームをプレイすることでギャラを得るのに対し、テストプレイヤーは会社と雇用契約を結び、ゲームをプレイすることで給料を得ています。

そして、テストプレイヤーがプロゲーマーと呼ばれることは基本的にはありません。とはいっても彼らは彼らで影でこっそり仕事をしています。

また、仕様と不具合をほとんど知っていることから他のプレイヤーよりも有利になるのは明らかですので、ゲームの大会に出るのも禁止されています。

ただ、近年はその縛りも緩くなり、テストプレイを請け負う専業の会社が所属するテストプレイヤーの中で腕が立つ精鋭たちを選抜してチームを組み、国内の大会に出場させるといった戦略をとっているところもあるようです。格闘ゲームやシューティングゲームは勝つための答えがありませんからね。

 

テストプレイヤーは地位も名声も貰えませんが、プロゲーマーよりもより早く最新のゲームをプレイできる(あくまで可能性がある)という点ではこの仕事はある意味で有利です。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。