ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

お台場にある超マイナー公園にも目を向けてみた

お台場には数多くの公園が配置されています。

 

なかでもお台場海浜公園や潮風公園は知名度も高い観光スポットですね。今では昼でも夜でもポケモンGOで遊んでいるトレーナーの方や、海外からの観光客が多く集まっています。

 

しかし、ちょっとだけ奥に入ってみると、見つかる見つかる、休日なのに誰もいないひっそりと佇んでいる公園が。

 

今回はお台場にある知名度が非常に低い、超マイナー公園についてもまとめてみました。

ゴールデンウイーク、少しでも興味を持っていただければ幸いです。

 

※画像は古いので、今とは形が違っているかもしれません。

1.暁ふ頭公園

f:id:HINOmao:20170429203429j:plain

テレコムセンター駅からお台場のシンボルフジテレビを背にして歩くこと徒歩15分、

コンテナを運ぶトレーラーだらけの大通りを抜けると見えてくる公園です。

 

地図はこちら

 

恐らくこんな場所に公園があったのかと初めて知った方も多いことでしょう。

 

それもそのはず、青海コンテナ埠頭の一角にありますからね。

コンテナヤードが隣接していて、ヤードの敷地には公園ギリギリまで何重にも重ねられた色とりどりのコンテナが壁のようにそそり立っています。

 

公園は西側、東側、南側の3エリアに分かれていて、

海に面した南側では羽田空港を離陸した飛行機が真上を飛ぶこともありますよ。

あと、趣味の釣り人がよく集る場所でもあります。

 

ちなみに開園は1981年だそうな。

 

2.台場公園

f:id:HINOmao:20170429204547j:plain

江戸時代末期、開国を迫ったペリー提督の来航に怯えた幕府が江戸を防衛すべく江戸前の海を埋め立てて砲台場を建造しました。

一度も実戦に使われずに開国をしたことで必要性が薄くなり、明治時代から大正時代にかけて第三台場を公園として整備したのがここ台場公園です。

お台場の地名の由来ともなっている場所で、国の天然記念物としても指定されています。

 

恐らくアクアシティお台場やお台場海浜公園から石垣を見たことはある人は非常に多いのではないでしょうか。

でも歩いていこうとすると入り江を反時計周りに半周しないといけない、

その遠回り感がこの公園をマイナー感あふれたものにしているようですね。

 

3.青海中央ふ頭公園

f:id:HINOmao:20170429205443j:plain

ゆりかもめのテレコムセンター駅と青海駅のちょうど中間に位置する

マイナー中のマイナー、地元にお住まいの方でも知ってる人のほうが少ない、

そんな公園がここ青海中央ふ頭公園です。

 

場所はこちら

 

少年野球用のグラウンドとツツジ山、

それを一望するお世辞にも高いとはいえない展望台が配置されていますが、

休日にも関わらず私以外散策している人は皆無。というより、駐車場すらありません。

 

この公園、なんと開園は1978年なんだそうな。

 

人混みを避けたい人にはおすすめの公園ですね。

 

まとめ

お台場には大小合わせて10以上の公園がありますが、おそらく知名度が低いのはこの3公園ではないかと考えています。

交通アクセスがとても良いとはいえないこと、観光施設が周りにないのでついでに立ち寄れないことが知名度を低くしてしまっているようです。

逆に言うと、知名度が低いことを活かし、人がたくさん集まるお台場の知る人ぞ知るオアシス的存在としてずっとあり続けてほしい、そう考えております。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。