ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

Youtubeに投稿されている90年代の東京の映像を見てみた

またまたTwitterよりリツイートされてきたツイートをご紹介。

 

私もこの方の投稿した動画は時々検索して拝見してました。

 

Lyle Hiroshi Saxon - YouTube

 

90年代当時、家庭用ビデオカメラは15万円~20万円くらいする高嶺の花、普及率も高くありませんでした。

 

そんな時代に撮られた東京の映像です。

 

ところどころ非常に短いカットがあるので見づらいところもあるんですが、いや、本当に懐かしい風景が揃ってます。

 

投稿者はどんな人?

投稿者のLyle Hiroshi Saxonさんは東京在住で、1990年ごろの風景を多数撮影し投稿されている方。

 

ときどき自撮りで英語の解説も行ってます。

 

Twitterもやられていて、動画の投稿情報をツイートされています。

twitter.com

 

映像を見ますと当時の東京の風景がこれでもかと映し出されていて、懐かしの車や電車、建物もたくさん。

 

103系(通勤型)?115系(近郊型)?スターレット(車)?

 

どれも今や東京では見られないものばかり。

 

1990年から1991年の時代背景

 

動画を見る前に、まずはこの方が撮影された1990年、1991年はどんな時代だったかを知っていただかないといけないですね。

 

 

1990年~1991年といえば、日本はバブル経済の真っ只中。

 

人や会社はじゃんじゃんお金を使い、リゾート開発や不動産、株式への投資が盛んに行われていました。

 

この頃は不動産や株の価値はこれからも下がることはないという神話が生まれていたんですよね。

 

これがバブル経済が生まれるきっかけ。

 

あまりの加熱っぷりに都心の一軒家は土地が狭いのに今の郊外のそれよりも値段が数倍高いという異常なことにもなってました。

 

それくらいみんなお金を持っているので高いものでも飛ぶように売れ、冬になるとたくさんのスキーヤーが山に集まり、そうでない時期でも夜通し六本木や新宿のディスコで遊ぶ若者だらけ。

 

土曜が休みの会社が増えてきたことから、金曜日の夜は明日を気にせず休める、「花金」なんて言葉が流行語になってました。

 

「アッシー」「メッシー」なんて言葉も若者の間ではやっていて、女性にとって男性はもはやお金と車を出すだけという便利な存在にしか思われてませんでした。

 

今ならキャラパレードで平野ノラが演じていた役割がバブルの雰囲気を忠実に再現してます。

 

 

そしてクラウンよりも1ランク上の高級車、シーマやセルシオが生まれたのもバブル経済のたまものですね。

 

 

本当に華やかな時代を過ごしていました。

 

映像でもそんな雰囲気がひしひしと感じられます。

 

私は当時小学生でしたのでそんなバブルの雰囲気を感じ取ることはできなかったんですけどね。

 

 

長く語るとそれだけで2000文字は行きそうなので、とっとと本題に戻ります。

 

 

私が一番興味深かったのはこちらの動画。

www.youtube.com

私が大きな土地の開発中の様子を見るのが好きだからという理由でピックアップしました。

 

 

今はみなとみらい21として発展しているこの場所。

 

ひたすら夕方~夜のコスモワールドで遊んでいる様子を撮影者視点で映した映像なんですが、コスモクロック21の位置が今と違う!!明らかに今は存在しない遊具がある!!ランドマークタワーが地下部分の工事中!!かかってる曲が懐かしい!!日本丸があるドックに水が張られてない!!

 

むしろ映像よりも園内でかかってる曲に気を取られてました。

 

プリンセスプリンセスなんて覚えてる人、もう40代~50代くらいですよ。

 

 

この映像に映ってるカップルもやっぱり乗ってる車はシルビア、プレリュード、値は張るけどソアラあたりだったんでしょうね。

 

今じゃ走り屋御用達のこの車、当時はデートカーとして売られていたんですよ?

 

 

そして、乗り合わせたどこかの若い女性2人としゃべってる様子も映っているんですが、髪型も服装も今となってはものすごくダサい!!そして化粧なんて全く今と違う!

 

この女性も今や50代、結婚して専業主婦になってお子さんも成人、大学も出てどこかの企業に就職してることでしょう。

 

 

そして私の地元大宮も撮ってくれてました。

 

www.youtube.com

映像が古いということもあるんでしょうが、も国鉄時代の雰囲気をとても色濃く残してますね。

 

改札なんて手動ですよ。

 

昔は電車にのる時は駅員さんが切符にハサミを入れてました。

 

カチカチとハサミを常に動かす音がするのもこの頃まで。

 

ということで改札の周りだけ人が渋滞してます。

 

 

駅ビルが「We」ってのも懐かしいですね。

 

今やどこかの床のタイルにしか残ってません。

 

そして今スタバがあるところはチェーン店ではないであろう喫茶店が入ってます。

 

さいごに

あれから26年、人も街も暮らしっぷりもすっかり変わってしまいました。

 

ハイテク機器がどんどんと登場し、人は携帯電話やスマホを持ち街中では禁煙禁煙No smokingがいたるところに。

 

そしてあの華やかな時代はどこにいってしまったのかってくらい暗い時代に突入、ずるずると20年以上も引きずることになりました。

 

この華やかな時代を今後もう一回迎えることはあるのか?

 

私としては、もう一回迎えてみたいですね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

キワモノ物件が揃う「Y澤不動産」とは何者なのか

Twitterで2日ほど前から、こんな謎の不動産サイトが話題になってました。

 

Y澤不動産

 

Y澤不動産と言うんですが、興味しんしんな私も見に行ってみることにしました。

 

 

Y澤不動産のサイトを見てみる

トップページを見ると町の不動産屋さんらしい、社員の人が部屋相談をする客に親身に応えている、そんな感じの画像で迎えてくれます。

 

f:id:HINOmao:20170819164706p:plain

 でもやっぱり気になるのはこの不動産屋が取り扱っている物件です。

 

では「物件」のページに行ってみましょう。

 

Y澤不動産

 

おおっ、なんですかこの何とも言えないキワモノばかりが並んでいる・・・

 

f:id:HINOmao:20170819164854p:plain

この部屋なんてトイレに4方向から入れますよ。

 

でもよく見ると、浴室に行くためにはトイレを絶対に経由しないといけないんですけどね。

 

f:id:HINOmao:20170819165046p:plain

この家は一見普通に見えるんですが、すべての部屋にシャワー室を備えてます。

 

 

そして、個人的におもしろいと思ったのはこちらの部屋。

f:id:HINOmao:20170819165241p:plain

いや、閉塞感溢れすぎでしょ・・・

 

玄関がエレベーターで、土足で洋室に入るんでしょうかね。

 

それよりも、エレベーターのドアを開けるたびに自分の部屋が他人に覗かれ放題ですよ。

 

誰も乗っていないことを祈るしかないですね。

 

洋室、トイレ浴室、LDKが全てエレベーターを囲むようにドーナツ状の部屋になっていて、どこでメシを食えと!

 

 

ちなみにこれらの部屋、全て「契約済み」ってなっています。

 

だれが住むんですがこんなキワモノ部屋に・・・

 

 

他に屋根なしバルコニーとか、廊下がうんと長い部屋とか、ロフト間借りとか、玄関開けたら細長い部屋1つだけ(LDK、浴室なし!)ってのも紹介されていて、やはり「契約済み」ってなってました。

 

 

なんか15年位前にフジテレビがイベント用に立ち上げた架空のテレビ局、「お台場湾岸テレビ」のノリを思い出します。

 

Y澤不動産の正体

ということでこのY澤不動産の正体について追求します。

 

 

一件「内覧のご予約」ができる間取りの部屋がありましたのでクリック!

 

すると、次に現れたページは・・・

 

ticketpay.jp

なんとチケット購入手続きのページでした!

 

実はこれ、「方南町お化け屋敷オバケン 」っていうイベント用の、フェイク不動産サイトだったんですね。

 

obakensan.com

オバケンとは、本物の古民家を舞台にしたミッションクリア型のオバケ屋敷。

 

アトラクションは章立てとなっていて、今は第一章が公開中。

 

これをクリアーすると、9月から追加される第二章、さらには第三章、第四章と進める仕組みになってます。

 

 

ちなみにさっきのチケット購入手続きのページにある住所は本物。

 

「東京都杉並区堀ノ内1-7-29」を検索すると、善福寺川沿いの木で覆われた一軒家がヒットします。


誰も住まなくなって空き家になったこの一軒家を買い取ったか借りたかしたんでしょうね。

 

 

たしかに廊下が長い物件とか玄関がエレベーターな物件とかキワモノばかりそろえた不動産、存在するわけないですからね。

 

しかも電話番号は単純に数字を並べただけの架空のもの。

 

 

ある意味あの物件、内覧したさはあるんですけどね。

 

はたしてこの一軒家でどんな事件が繰り広げられるんでしょうね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

 

手渡しを希望されたら怒りたくなる埼玉県内の駅6選

昨日のブログは手渡しを希望されたくない東京23区の駅でした。

www.summertime-24.info

今度はこれの続き。

 

東京23区内にも私鉄を中心に恐ろしいほどのローカル駅がたくさんあったわけですが、今度はこれがださいたまで有名な埼玉県だったらどうなるか?というのも気になったので、ちょっと調べてみました。

 

1.遊園地西駅


ええっ、あのださいたまに、遊園地なんてあるの!?という声もありそうですが、遊園地くらいありますよ・・・

 

 

西武園ゆうえんちっていうんですけどね。

 

 

でも最近は明るい話を全く聞かないんですね。

 

アーケードが燃えたり、老朽化したジェットコースターが解体されたり・・・

 

 

そんな西武園ゆうえんちの西側にある遊園地西駅なんですが、ここ、誰が使うのってくらいだれもいないんですよね。

 

そりゃ、周りはゴルフ場、あとは掬水亭っていう旅館があるだけですから・・・

 

あ、掬水亭から見える多摩湖は絶景ですよ。若干お値段はお高めですが。

 

 

ただ、この駅を希望されたら、所沢まで出てきてくれよって言いたいですね。

 

2.三峰口駅


熊谷から秩父鉄道で1時間、周りは山に囲まれた終点が三峰口って場所です。

 

 

秩父鉄道はSLを走らせたり、土日は2本池袋までの直通電車が走ってたり、駅自体も昭和の面影を色濃く残していたり、三峯神社は古いお社で毎月1日には白い氣守を求める人で車が大渋滞するくらい観光アピールしているんですが、いかんせんこんな山の中に来てくれと言われても・・・

 

それだったら、熊谷まで出てきてほしいと言いたいですね。

 

それが難しいならせめて秩父まででもいいんで。

 

3.新古河駅


駅名は「古河」なんて名前なのに駅があるのは埼玉県。

 

そして近くにあるのはハート型の池がある渡良瀬遊水地。

 

まあ川を渡って15分ほど歩けば本家の古河駅なんですけどね。

 

 

でも、新古河に止まる電車は昼間30分に1本、しかも4両編成で全車両が南栗橋で強制乗り換え。

 

 

それならなんとか古河に来てくれないかと言いたいですね。

 

こっちなら電車の本数も倍ですし、しかも15両編成と長く乗り換え無しで東京、新宿、渋谷にも行けますし。

 

4.神保原駅


これまた埼玉の外れ、大外れにあるのが神保原駅。

 

住所は「町」ですよ「町」、いよいよ「市」じゃなくなってしまいました。

 

なにせお隣はグンマーこと群馬県ですからね。

 

 

それでも高崎線は乗り換え無しで東京、新宿、渋谷、横浜に行けるんですが、普段電車に乗らないような人がこの駅で「熱海」「小田原」「沼津」「伊東」なんて行き先を見られてもどこにあるのやらちんぷんかんぷんになるのは間違いないですね。

 

5.20年前の新三郷駅


今でこそ新三郷駅の駅前はIKEAあり、コストコあり、ららぽーとありとオサレな街になりましたが、20年前を知ってる人がいたら古くからの住民か、貨物マニアですね。

 

 

そう、20年前の新三郷といったら、上りホームと下りホームが300メートル以上離れていたんです。

 

なので一旦改札を出て、古ぼけた鉄橋を移動し、また切符を買わないといけなかったんですね。

 

じゃあこの300メートルの間に何があったかというと・・・使われなくなった貨物ヤードの跡地でした。

 

やっぱり不便だってことで今はホームも隣同士になり、貨物ヤードの跡地もすっかりIKEAやららぽーとに生まれ変わったんですけどね。

 

ちなみにこの駅がある住所は「新三郷ららシティ」と、これまたださいたま全開の地名だったりします。

 

6.浦和美園駅

 

:title]

 

浦和にはたくさん駅があるんですが、その中でも一番希望されたくないのが浦和美園駅です。

 

なにせこの駅の周り、田んぼと東北道の料金所しかありませんから。

 

今はなんとか開発も進んできて、家も増えてきてるんですけどね。

 

 

15分あるくと埼玉スタジアムもあるので、この名前を話題にするとしたら、レッズのホーム戦か日本代表戦くらいなものでしょう。

 

一応大宮駅東口までバスも伸びてるんですが、普段乗り通す人なんてサッカーの日ですらいないのでは?

 

さいごに

 

埼玉に限らずで手渡しで希望されたら怒る駅といったら、やっぱり田舎が中心となりますよね。

 

ちょっとは荷物を送る側が知ってる駅まで出てこい!と言いたくなります。

 

普段地元民でも話題にすらしないような聞いたことがない駅がポンポン出てきて、地図見ても行き方すらわからないですからね。

 

もはや迷わず荷物を宅配にしてもいいでしょうね。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。