ごった煮

日々ごった煮のようにあふれる情報の中から、面白そうなものをいろいろ書き連ねるブログです

カシオが新カメラブランド『G'Z EYE』のGZE-1を発売するぞ!

2017年10月27日、カシオが新しいカメラブランド『G'Z EYE』を立ち上げ、最初の機種となる「GZE-1」を発売します。

 

f:id:HINOmao:20171020053149j:plain

カシオは昔からコンデジで戦うメーカーですので他社のように画質はそこまで追求していません。

 

 

変わって今力を入れているのは「自分がアウトドアや激しいスポーツをしている」というスマホや他のアウトドア向けカメラではまず撮れないシチュエーションでも撮影ができるという新しい価値観づくりだったりします。

 

 

そしてカシオといえばタフネスな腕時計、「G-SHOCK」が超有名なメーカー。

 

 

いままでもG-SHOCKのタフネスさを取り入れたカメラは何機種か出ていたんですが、まだ普通のカメラの域を大きく外せていなかった時代に登場したものなので中途半端だったんですよね。

 

改めて確認したんですが、最後にG-SHOCKデジカメが登場したの、もう7年前だったのか・・・

 

そのときの型番はEX-G1。

 

 

G'Z EYEブランドのカメラはレンズと液晶コントローラーを分離させて使うEX-FRシリーズを応用させたもので、これにG-SHOCKゆずりの超タフネス機構を取り入れています。

 

価格は44000円ほどとアウトドア向けカメラなら標準的ですね。

 

デザイン 

f:id:HINOmao:20171020053918j:plain 

(カシオHPより)

外観はひと目見ただけでものすごく強さを感じさせるゴテゴテした男性的なデザイン。

 

 

そしてよそ見できないような状況でも手元を見ずに動画を記録するボタンが押せるよう触っただけでわかるものすごく目立つ大きなボタンを本体のてっぺんにドーンと配置。

 

その両端にこれまた使う頻度が高い電源ボタンとシャッターボタンが配置されています。

 

カメラがどんな状態になっているかはレンズの周辺で光っているランプの色で分かる仕組み。

 

耐えられる環境

カシオ公式サイトによると以下の環境に耐えられると発表しています。

 

  • 4mからの落下
  • 水深50mの海
  • IP6X(細かい粉塵も入り込まない最高の防塵性能。汚れても水洗いOK)
  • -10℃の低温

ということで、かなり厳しい環境でも使えますね。

 

 

ウレタンやサビに強いステンレスを組み合わせてこの防塵防滴に対応しています。

 

 

特にマイクやスピーカーは直接水が入り込まないよう徹底的に防護されています。

 

f:id:HINOmao:20171020044129j:plain

(カシオHPより)

画像の断面図を見ただけではなんのこっちゃですが、波の衝撃を和らげられるようスピーカーの前面に櫛歯部品のカバーを配置してガードしてます。

 

これが防波ブロックの役割を果たしてくれるわけですね。

 

 

気になるのは録音された音声なんですが・・・この機種は映像がメインだと割り切ったほうがいいかもしれませんね。

 

広角13mmの超ワイドレンズを搭載

このカメラ、EX-FR100の広角16mmよりもさらに広い広角13mmのワイドレンズが搭載されてます。

 

スペック的には兄弟機EX-FR200と同じレンズの感じがしますね。

 

EX-FR200は全天周レンズを搭載していて、カメラの周り185度の角度の範囲が一度に撮れます。

 

その代わり記録される画像は四隅がケラれた円形のグニャッとしたものになるんですけどね。

 

 

イメージセンサーの総画素数2114万画素に対し記録画素数が690万画素なのは、カメラ内部で歪みが少ない中央部だけを切り取って補正する処理をしているからではないかと推測します。

 

液晶コントローラーもオプション品

GZE-1はスキー、スノボといった冬の雪山、サーフィンやダイビングのような夏の海、あとはマウンテンバイクに乗って山登りといった過酷なスポーツでの使用がメイン。

 

ということで液晶コントローラーも付属品から除外するという思い切ったというか、割り切った構成になってます。

 

その代わりスマホアプリが配信されていますので、撮影した画像や動画はインストールしたスマホで確認するのがメインになりますね。

 

 

そのオプション品の液晶コントローラーですが、

f:id:HINOmao:20171020044530j:plain

(カシオHPより)

よく見るとEX-FR系のものからレンズを差し込む部品を取り除いただけで、同じもののような・・・

 

 

メーカー希望小売価格、2万円します。

 

バッテリーが交換できるぞ!

オプション品を見てみたんですが、その中にはなんと、交換バッテリーの姿もありました。

 

EX-FR系では本体内に埋め込まれていて、分解しないと取り出せなかったバッテリーがこの機種ではついに交換できるようになっているとは・・・

 

f:id:HINOmao:20171020050953j:plain

(カシオHPより)

バッテリー自体は「NP-150」という、中国で自拍神器と呼ばれているEX-TR系からの流用なんですけどね。

 

 

そして、フタをちゃんと閉じないと防水が不完全になってしまうので要注意。

 

オプションのジンバルが5万円

GZE-1にはオプションとしてジンバルも発売されるんですが、なんとメーカー希望小売価格が5万円します。

 

f:id:HINOmao:20171020052959j:plain

(カシオHPより)

電動モーター式で専用品ですから、値が張っちゃうんですよね・・・

 

 

もう一個本体買えるよ・・・

 

※ジンバルとは、センサーと内蔵のモーターにより持ち歩くカメラの姿勢を制御して安定させる道具。

カメラマンがせわしなく動くCMやプロモーション動画の撮影で多用されてます。

 

さいごに

今回、カシオならではのなかなかおもしろいカメラを出してきました。

 

カメラクラスタの私としては是非紹介したかった一台です。

 

 

アウトドアスポーツを趣味にしている人にとってはものすごく小さくてベルトやヘルメットと行ったいろんなところに装着できて、画面が見られなくてもその時その瞬間の記録が残せるカメラを探していたって人も多いのではないでしょうか。

 

ライバルはTHETAとか、Goproあたりのアウトドアに特化した機種あたりになりそうですね。

 

 

残念ながら私はインドア派なので全くこのカメラを使うことはなさそうなのが辛いところではあります。

 

 

そして後継機は今後登場するのか??

 

楽しみなカメラですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

 

casio.jp

船橋の円形道路が非常に気になるぞ!

昭和後期の名大関若嶋津こと二所ノ関親方が道端で倒れていたというニュース。 

 

すでに病院にて緊急手術を行いICUで安静にしているということですが、体調の回復を願っております。

 

 

さて、そのニュースで私が一番気になったのは二所ノ関部屋が映し出された地図に描かれたまん丸の道路です。

 

 

ということでGoogleマップで「二所ノ関部屋」と検索すると・・・

 

出てきました!!

ここがその場所ですね。本当に部屋から目と鼻の先です。

 

 

この円形道路の内側は全体の1/5が行田公園という公園になっていて、残りは団地と2つの小学校と1つの中学校、そして税務大学校東京研修所という施設になっています。

 

 

そしてこの道路の真ん中にあるのは・・・

 

「船橋無線塔記念碑」というなにやら気になるもの。

 

これも調べてみましょう。

 

円形道路にあった施設 

 

海軍無線電信所船橋送信所 - Wikipedia

wikipediaによると、戦時中はこの円形の道路の内側は「海軍無線電信所船橋送信所」という施設があったようです。

 

この無線所からは関東大震災の被害状況が日本全国に送信されたり、あの真珠湾攻撃のきっかけになった「ニイタカヤマノボレ1208」という暗号もこの施設から発信されたと書かれていました。

 

 

こういった無線を全国に送るには円の中心部分に高いアンテナが必要になります。

 

高さは何と200m!

 

そのアンテナも支えがないと自力で立ちませんので、大量のケーブルと、それを固定するための支柱を周囲に配置します。

 

アンテナを支える複数のケーブルの力を同じにするには円形に支柱を配置する必要がありますので、管理をやりやすくするために道路も円形になりました。

 

 

 

当時の日本には高層ビルなんてありませんでしたから、この鉄塔の集まりも遠くからよく見えたんでしょう。

 

昔の航空写真も見てみよう

 

国土地理院提供の「地図、空中写真閲覧サービス」を使い1940年代の航空写真を見ていきます。

 

参考にするのは昭和23年の航空写真。

f:id:HINOmao:20171020075933p:plain

昭和23年の時点で送信所は米軍に接収されているんですが、2017年現在もそのままの形で残っているきれいな円周道路が写っています。

 

中央にあるのは無線の送受信を行っていた施設。

 

その円周道路を斜めに貫いている道路は当時の旧道ですね。

 

f:id:HINOmao:20171020080307p:plain

このときにはアンテナも大改造されていて巨大な鉄塔が6基規則正しく並んでいました。

 

ただし、円形道路から北側にかけての範囲ですが・・・。

 

だから最初見た時は見つからなくて苦労しましたよ。

 

 

ついでに写真左上、二所ノ関部屋がある場所もかつての川の跡なのがよーく分かりますね。

 

 

この高い6基の鉄塔は接収解除後、1972年には解体されたんですが、なんとそのうち1基の跡地はすぐ脇を武蔵野線の高架が通っているところだったりします。

 

さいごに

円形の道路が気になったので調べてみたんですが、なんとそこには日本の歴史に大きく関係する重要な施設があったとは思ってもみませんでしたね。

 

 

千葉県内には船橋のこの円形道路に限らず戦争の痕跡が数多く残っているとのことなんで、遺跡マニアな方にとっては是非すべて訪れたい場所ですね。

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

日本国内で10年以内に行ってみたい場所

今週のお題「行ってみたい場所」

 

今回はブログ作成の骨休めに、ひとまずはてなブログのこちらのお題に答えていきます。

 

 

私が行ってみたい場所、たくさんあります。

 

日本国外を問わず、行ってみたい場所はたくさんあるんですがそのなかでも私が日本国内でここ10年以内に行ってみたい場所を4つ選びました。

f:id:HINOmao:20171019100727p:plain

1.軍艦島(端島)

f:id:HINOmao:20171019083641p:plain

 いま私が一番行ってみたい場所はこちら、軍艦島こと端島です。

 

 

廃墟マニアにとっては聖地になっている場所の一つで世界遺産にもなっているこの島、日本最古のRC建築物である30号棟は見ておきたい廃墟のひとつですね。

 

 

そして、できることなら上陸したい!!

 

 

でもそれには天候という運が必要となる・・・

 

風がものすごく穏やかで霧が出ていない、天気がよくて比較的安定した気候のときじゃないとダメなんですよね。

 

 

で、軍艦島の上陸にはいくつかあるコンシェルジュのツアーに参加しないといけないんですが、どうも上陸できる可能性はだいたい7割前後くらい。

 

そのコンシェルジュのホームページにある過去の実績によると台風が来やすい夏場は低めで、冬場に高くなる傾向がありました。

 

 

あと、雨がっぱを着て記念写真をしている画像がチラホラありましたので、弱い雨で波が穏やかならそのまま上陸をするツアー会社もあるようです。

 

2.犬吠埼

f:id:HINOmao:20171019090155p:plain

次に私が行ってみたい場所は千葉県の銚子市にあるここ犬吠埼という場所。

 

 

この場所は初日の出が日本一早く見られる場所として有名なところ。

 

とはいっても私が住んでいる埼玉県とはわずか5分しか違わないんですけどね。

 

 

周囲には温泉や旅館があったり、太平洋の新鮮な海の幸が味わえたり、銚子ポートタワーはアニメ「アマガミSS」にも実際に登場したりと話題には事欠かない場所です。

 

 

ただ、JRの特急列車の本数が少ない!!

 

千葉県は高速バスの路線が非常に多くて、本数も1時間に2本は確保されてますからね・・・

 

 

このへんは東京から近いという地の利もありますね。

 

3.平城宮跡

f:id:HINOmao:20171019091359p:plain

長い日本の歴史のロマンを感じられるのがここ平城宮跡。

 

 

なんてったって今から1300年以上昔、奈良時代に70年間都だった場所ですからね・・・

 

私が中学生の時に歴史の資料集で見た写真から発掘も進み、当時の様子が復元された場所も現れ平城宮跡自体もものすごく広くなりました。

 

 

そしてこの平城宮跡を貫いている近鉄の線路、将来的には地下にするという話もあるようですが・・・

 

4.大和西大寺駅

f:id:HINOmao:20171019100032p:plain

そんな平城宮跡のすぐ脇にある近鉄の駅がここ大和西大寺駅。

 

 

大阪や京都から奈良や伊勢に向かう線路がX状に交差していて、しかも車庫付き。

 

ということで電車の動きが多く線路は必然的にめちゃくちゃ複雑になるのは避けられず。

 

www.youtube.com

 

鉄道ファンがこの駅の様子を多数動画に残してくれています。

 

 

関東ではかつての京王調布駅も合流する電車同士が接近するなかなかみどころあふれる場所だったんですが、ダイヤのネックだった&交通渋滞対策のために地下化されました。

 

 

それにしても、1両の長さが21m4ドアの近鉄の電車と、19m3ドアの阪神の電車をよく直通させられたな・・・と思いますね。

 

これも関東じゃまず列車の規格をどのように統一させようかってところからはじめますからね。

 

 

そして私のなかで近鉄の名物は10両全部先頭車のブツ10(2両編成*5)だったりします。

 

これも10両固定だったり、あっても8両+2両や6両+4両の関東じゃまず見られない光景。

(東武でブツ6はありますが・・・)

 

さいごに

関西が多いのは、関東生まれ関東育ちの私にとってあまり縁がない場所だからですね。

 

 

じゃあ大阪はないのかって??

 

 

実は12月に10年前からの知人主催のちょっとしたイベントに行くことを決めてますのでそのついでにぶらっと回る時間を作る予定です。

 

 

これもいずれは記事にする予定にしております。

 

最後までお読みいただきありがとうございます。

間違えるととても大変!東京の似てる地名や電車の行き先4選

どうも、地名、地図マニアな日野まおみです。

 

 

東京にも当然のことながらたくさんの地名があるんですが、実は一瞬見ただけだと間違えやすそうな、似たような名前の地名や電車の行き先があふれています。

 

 

今回はその中から、特に間違えやすい地名を4つ選びました。

f:id:HINOmao:20171017170536p:plain

1.青海(あおみ)と青梅(おうめ)

 

ZEPP東京に行く人の100人に2人が間違えると言われるほど似ている地名なのが青海と青梅というところ。

 

f:id:HINOmao:20171017070115p:plain

青海はご存知東京ベイエリアの観光地、お台場のパレットタウンやZEPP東京に直結したゆりかもめの駅。

 

f:id:HINOmao:20171017070148p:plain

それに対し青梅は・・・なんと40km以上も離れている、東京の郊外の街。

 

 

東京から中央線の青梅特快に乗ること50分。

 

見えてくるのは海とパレットタウンの大きい観覧車とレインボーブリッジなんかじゃなく、奥多摩の山!山!山!

 

そしてやっとのことたどり着いた青梅駅の改札には!

 

 

「ここはゆりかもめの青海(あおみ)駅じゃないよ」

 

 

の注意書きまで準備済み!!

 

 

テレビ番組のテロップやイベントのパンフレット案内ですら間違えることがあるようで、観客だけでなく出演者すら間違えるという大惨事になったこともあったとかなかったとか。

 

 

字があまりにも似すぎていてよーく見ないと木へんなのかさんずいへんなのかわからないですからね。

 

 

でもこれはほんの序の口。

 

f:id:HINOmao:20171017070810p:plain

同じ東京都内ですし、2時間もあれば正しい場所に行けますからね。

 

 

2.高崎(たかさき)行きと高萩(たかはぎ)行き

いきなりどこやねん!とツッコミが入りそうな場所がこちら。

 

 

東京をあまり良く知らない人が乗り間違えるととんでもないところに連れていかれるナンバーワンですね。

 

どちらも上野東京ラインの開通で品川や東京からものりかえなしで行けるようになったんですが……

 

なにも考えずに乗ってしまうとさあ大変。

  

f:id:HINOmao:20171017071518p:plain

高崎は群馬県にある都市なのに対し、高萩はなんと二つ右隣の茨城県の太平洋沿いにある都市!!

 

特に新橋と東京は同じホームから高崎行きと高萩行きが走っているだけに油断ができません。

 

 

戻りたくても一回上野まで戻ってこないといけないわけですから、もし気づいたタイミングが遅いと((( ;゚Д゚)))ガクガクブルブルものですね。

 

 

しかも、2017年10月のダイヤ改正までは、高萩行きの3分後に高崎行きが続けて来るというどうみても乗り間違えを推奨するようなダイヤが一日一回夕方頃にありました。

 

 

だから、その時間の電光掲示板の行き先のところには

 

高萩

高崎

 

ローマ字でも、

 

TAKAHAGI

TAKASAKI

 

が縦に並ぶ事態に。

 

 

さっと見ただけじゃわからんわ!

 

 

電車の見た目も高崎行きは「銀色に緑とオレンジの線」、高萩行きは「銀色に濃い青の線」と明らかな違いがありますし、最近流行りのフルカラーLEDを活かしてこれでもかってくらい色分けしていたんでしょうが、それでも間違えて乗ってしまう人がいたとかいなかったとか。

 

 

そしてアナウンスも・・・

 

「さ」と「は」は発声方法が非常に似ているので聞き分けられないんじゃないか?と思うことさえ。

 

 

ここで朗報。

 

2017年10月のダイヤ改正で常磐線直通列車の時刻が変更され、高萩行き自体も消滅。

 

これで乗り間違える危険性が少なくなりました。

 

これは嬉しい!!

 

 

ちなみに私が新橋や東京から自宅に帰れるのは「高崎」行きの方です。

 

3.小金井と武蔵小金井

これは間違いなく神奈川県民ホイホイの罠ですね。

 

 

東京の小金井市に行くための正解は余計な言葉がついた「○○小金井」って駅なんですから。

 

武蔵小金井、東小金井、花小金井(西武新宿線)・・・

 

武蔵小金井は中央線の電車の一部が折り返していきます。

 

 

じゃあ何も余計な言葉がつかない、単なる「小金井」駅はどこかというと、

 

 

なんと栃木県にあります。

 

f:id:HINOmao:20171017073940p:plain

東京から1時間半ほど宇都宮線に揺られた小山駅の次。

 

ホームに降りて見上げた先には新幹線の高架。

 

そして半分くらいの電車はここが終着駅。

 

 

小金井市に行こうとして電車に乗り上野、大宮なんて地名を聞き、さらに混んでいる車内が次第にガラガラになっていく様子に不安を覚え始めたらすぐに降りたほうが良いですね。

 

 

東京、新宿、どちらからも「武蔵小金井行き」と「小金井行き」がある点が罠に拍車をかけてます。

 

ホームは全く違うんですけどね。

 

4.石神井公園と森林公園

 

これは東急東横線と地下鉄副都心線ユーザー限定。

 

 

石神井公園と森林公園を見間違えることがあるというツイートを時々見かけます。

 

twitter.com

 

あれ?石神井公園は西武池袋線、森林公園は東武東上線にそれぞれ直通しているはず・・・

 

 

さらに、漢字で見ると5文字と4文字っていう明らかな違いがあるんですが・・・

 

 

似ているのはローマ字。

 

Shakujii-koen

Shinrin-koen

 

確かに似ている・・・

 

 

石神井公園は練馬区にあるのでまだ戻りやすいんですが、森林公園は埼玉の川越よりも東松山よりもさらに先、なんと「滑川町」なんてところにあったりします。

 

f:id:HINOmao:20171017165450p:plain

しかも駅前は家と田んぼしかない田舎町ですよ。

 

 

その他にも、Kotesashi(小手指)とKawagoeshi(川越市)を見間違えたり、保谷渋谷を見間違えるなんて声も。

 

 

上野東京ラインとか、地下鉄副都心線が西武池袋線や東武東上線に乗り入れるようになってだいぶ経つんですが、乗り換え無しで移動できるようになった便利さの裏には、似てる行き先の電車が同じホームにやってくるというこんな影もあったりします。

 

ほんとに注意して電車に乗らないといけないですね。

 

便利になったのか不便になったのかよーわからん・・・

 

 

最後までお読みいただきありがとうございます。